お知らせ

他機関の情報

周辺施設紹介 長島記念館(2017年3月)

2017年03月14日

 長島記念館は、平成6年11月3日の文化の日に開館致しました。旧埼玉銀行の頭取や会長を歴任した長島恭助の生家に残る大谷石の蔵を改装したもので、洋画、日本画、刀剣など故人のコレクションを中心に広く展覧に供しています。
 正面の日本家屋は江戸中期に創建されたもので豪農の館の面影を今日に伝えています。その広い土間のスペースを利用して昭和30年代をイメージした生活調度品の数々、例えばテレビ受像機やミシン、卓袱台などを配し、一寸昔の懐かしい日常が再現されています。
 また、広大な回遊式庭園には、四季折々の花々が咲き誇り、来館者の目を楽しませること請合いです。屋敷林を背にした記念館の正面の長屋門を一歩外に出ると、日本一の長さを誇る荒川水管橋が眺められますが、利根川の水が行田浄水場で水道水へと生まれ変わり、荒川を越えて比企、入間地方に運ばれるという壮大なロマンに心が癒されます。毎年夏休みには、親子写生会や陶芸教室が記念館の前庭で開催され大いに賑わいますが、普段は記念館全体が深い静寂に包まれており、いわば時の止まった別天地といった趣です。
 皆さまのお越しをお待ちしております。