国際連携

NWECグローバルセミナー

開催概要

令和4年度NWECグローバルセミナー デジタル技術はジェンダー平等を推進するか?

開催期間:令和4年10月14日(金)~10月31日(月)


今年度のNWECグローバルセミナーは、基調講演・事例紹介をオンデマンド配信、
パネルディスカッションをライブ配信と見逃し配信にて開催します。

1.趣旨

 ICT 分野の技術革新が、身の回りで新たなサービスやイノベーションを創出する中で、「経済発展と社会
的課題の解決を両立する人間中心の社会(Society 5.0)」を目指すことが提唱されています。こうした中、
多様なニーズに応えるためにも、ジェンダーの視点からデジタル技術やイノベーションを捉えなおす取組
が着目されています。
 第67回(2023年)国連女性の地位委員会(CSW)の主要テーマも「ジェンダー平等と女性と女児の
エンパワーメントのためのイノベーションとテクノロジーの変化及びデジタル時代の教育」です。
 本セミナーでは、国内外の取組から多様なニーズに配慮し、ジェンダー平等の推進に寄与するデジタル
技術の開発と利用のためには何が求められているのか考えます。

2.主題

 デジタル技術はジェンダー平等を推進するか?
 Does Digital Technology Advance the Gender Equality?

3.主催

 独立行政法人 国立女性教育会館

4.後援

 文部科学省
 国立研究開発法人科学技術振興機構

5.配信期間

基調講演・事例紹介(オンデマンド配信)
 令和4年10月14日(金)9:00~10月31日(月)17:00
パネルディスカッション
(ライブ配信)令和4年10月21日(金)14:00~16:00
(見逃し配信)令和4年10月26日(水)9:00~10月31日(月)17:00

6.申込方法

 令和4年9月26日(月)からお申込みを開始します。9時にお申込みフォームを公開します。

7.使用言語

 日本語(オンデマンド英語講演は日本語字幕付。パネルディスカッションは日本語)

8.募集人員

 テーマに関心のある方 100名程度

9.プログラム

◆基調講演(オンデマンド配信)

 ジェンダー格差縮小のためのデジタル技術
   
  講師:ドロシー・ゴードン 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)みんなのための情報計画委員長

   ガーナ出身。国連、政府機関、民間で活躍する専門家として、ジェンダーと技術、先住民の言語によ
  るデジタルと情報リテラシー、技術と教育、人工知能等の分野で活躍。デジタル分野に存在する格差、
  第4次産業革命といわれるAIの導入や自動化によって変化する労働市場、女性と少女の再訓練や技能向
  上等を推進するニーズに応えるためのユネスコをはじめとする多国間イニシアチブの取組について、御
  講演いただきます。

◆パネルディスカッション ジェンダー平等なデジタル技術の活用に向けて(ライブ+見逃し配信)

  研究者、ユース(若い世代)、実践家がデジタル技術に潜むジェンダー課題と社会課題をテクノロジー
 で解決するために市民がいかに関わることができるか、市民の主体的な取組について議論を交わします。

  パネリスト:小林 傳司 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター長
        田中沙弥果 特定非営利活動法人Waffle共同創業者
        福島健一郎 一般社団法人コード・フォー・カナザワ代表理事
  コーディネーター:萩原なつ子 国立女性教育会館理事長

◆事例紹介(オンデマンド配信)

 ◇「AI とジェンダー」
  国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)

   一見すると性中立的にとらえられている AI の自動意思決定が扱うデータやデータ処理の
   アルゴリズムに埋め込まれた、ジェンダー・バイアスについて解説した動画です。

 ◇「アプリを使った女性にやさしい安全な街づくり」
  カルパナ・ヴィスワナート セイフティピン創設者

   インドでも交通機関や公道で女性に対するハラスメントが発生しており、デリーに本部があるセイフ
  ティピンはこうした現状を改善するため、街の安全情報の共有ができるアプリを開発。アプリは中南米
  やアフリカを含め 16 か国 65 都市で活用されています。

 ◇「コンピューター・プログラミングを通じた女性や少女のエンパワーメント」
  サラーム・アル・ヌクタ チェンジメーカーズ創設者兼CEO/
             平等を目指す全ての世代のためのフォーラム・タスクフォース

   内戦下のシリア国内で、コンピューター・プログラミングの習得機会の提供を通じて、女性や女児の
  エンパワーメントを支援するチェンジメーカーズの活動と今後の課題について、問題提起を行います。

 ◇「ロボティクス技術で介護の変革に挑む」
  宇井吉美 株式会社aba代表取締役

   株式会社abaは高齢化社会における課題解決に取り組んでいる企業です。祖母の介護経験から、介護
  の負担を減らしたいとの思いに基づき、ロボット開発の道を志し「排泄センサーHelppad(ヘルプパッ
  ド)」を製品化した経緯、育児や介護と仕事の両立しやすい職場づくりについて紹介します。

10.参加費

 無料(通信料は参加者の負担となります)

11.その他

・セミナー終了後、オンラインページ上のアンケートに回答をお願いします。

 
【問合せ先】
 国立女性教育会館 研究国際室
 グローバルセミナー担当
 TEL:0493-62-6437  Eメール:rese2@nwec.jp

 

 

 

国際連携