国際連携

NWECグローバルセミナー

開催概要

2019年度 NWECグローバルセミナー ジェンダーとメディア

開催期間:2019年12月6日(金)

開催場所:一般財団法人主婦会館 プラザエフ地下2階 クラルテ


国立女性教育会館では、アメリカから専門家を招聘し「ジェンダーとメディア」というテーマで、NWECグローバルセミナーを次の内容で開催します。

1. 趣旨

2019年度の「NWECグローバルセミナー」は、ジェンダーとメディアをテーマとして取り上げます。メディアは社会に残る性差別や固定概念を許容する規範を変革することもできる反面、既存の差別を強化、温存してしまう場合もあります。たとえば、世界59ヵ国の報道機関における管理職の女性比率は27%にとどまり(Global Report on the Status of Women in the News Media, 2011)、活字媒体やラジオ、テレビでジェンダーに関するニュースは9%にすぎません(Global Media Monitoring Report: Who Makes the News?, 2010)。インターネットへのアクセスのジェンダー格差は世界平均で12%にのぼります(ICT Facts and Figures 2017)。
ソーシャルメディアはジェンダー平等の推進力となる可能性を秘めています。ICTの普及は、女性たちの声を社会に広く発信することを可能にしました。一方、リベンジ・ポルノやサイバー空間での女性に対する暴力や声をあげた女性へのオンライン上でのハラスメント等、新たな課題も発生しています。 本セミナーではメディアが女性のエンパワーメントの推進に果たす役割やメディアにおけるジェンダー 表象について、日米の専門家を招聘し議論をおこないます。

2. 主題

「ジェンダーとメディア」

3. 主催

独立行政法人 国立女性教育会館

4. 後援

文部科学省・アメリカ合衆国大使館

5. 会場

主婦会館プラザエフ地下2階 クラルテ
東京都千代田区六番町15

6. 期日

2019年12月6日(金)13:00~16:30

7. 使用言語

日本語、英語(同時通訳付き)

8. 募集人員

メディア関係者、企業関係者、研究者、男女共同参画の行政担当者、女性関連施設職員、女性団体等のリーダー等 80名程度

9. プログラム

第一部:基調講演 「メディアにおけるインターセクショナリティ(交差性)を問い直す」

マデリン・ディ・ノーノ氏
ジーナ・デイビス メディアにおけるジェンダー研究所代表

【ジーナ・デイビス メディアにおけるジェンダー研究所の概要】
2004年、アカデミー賞®受賞俳優でありアドボケイトであるジーナ・デイビス氏によって設立され、メディア・エンターテインメント業界で初めて、そして唯一、調査研究に基づいて活動する研究機関です。無意識の偏見を取り除き、(業界内での)ジェンダー平等を達成し、固定概念に立ち向かい、11歳以下の子ども向けエンターテインメントやメディアにおいて、インターセクショナル(分野交差的)な女性キャラクターを多く作り出すことを目的として、コンテンツ・クリエイター、企業や視聴者に教育を施し、影響を与える活動をおこなっています。

第二部:パネル・ディスカッション「メディアを通じた女性のエンパワーメント」

マデリン・ディ・ノーノ
根本かおる   国際連合広報センター所長 
青木玲子    国立女性教育会館情報課客員研究員
コーディネーター 田中東子 大妻女子大学文学部コミュニケーション文化学科教授

10.申込方法・申込期限

①申込方法

ア.電子メール
下記の必要事項を入力のうえ、rese2@nwec.jpまでお申し込みください。
(メールのタイトルを「2019年度NWECグローバルセミナー参加希望」としてください。)

イ.ファックスまたはホームページから申込用紙をダウンロードのうえ、
1)お名前・フリガナ、2)郵便番号・住所、3)電話番号、4)ファックス番号、
5) メールアドレス、6) 所属先を記入し、下記までお送りください。

独立行政法人国立女性教育会館研究国際室 グローバルセミナー担当
FAX番号 0493-62-9034

②申込期限 2019年12月2日(月)必着
③決定通知

参加決定次第、メールもしくはファックスにてご連絡いたします。

11.所要経費

参加費 無料

国際連携