国際連携

NWECグローバルセミナー

実施報告

平成21年度 女性のエンパワーメント国際フォーラム 女性に対する暴力の撲滅に向けて

開催期間:平成21年10月31日(土)

開催場所:JICA研究所(東京都新宿区) /


国立女性教育会館は、国際協力機構(JICA)の後援を得て、10月31日(土)に「女性に対する暴力の撲滅に向けて(Eradication of Violence Against Women)をテーマとした「平成21年度女性のエンパワーメント国際フォーラム」を開催しました。
「国際フォーラム」は二部形式で実施され、第一部では、会館が研究協力協定を締結しているフィリピン大学女性学研究センター所長のシルビア・エストラーダ・クラウディオ氏によるフィリピンにおける女性に対する暴力撲滅の取組に関する基調講演がおこなわれました。第二部では、「国際フォーラム」に先立って会館が実施した「平成21年度アジア・太平洋地域の女性リーダーエンパワーメントセミナー」の11名の研修生が、ふたつのグループに分かれて12日間の研修成果を、「女性に対する暴力撲滅のための政策提言」として発表しました。研修生が作成した「エンパワーメントセミナー」の研修内容を振り返るビデオ上映の後、第1グループが、アジア・太平洋地域における「女性に対する暴力(以下、VAW)」に関連する国際的な枠組みや、国内法の整備状況、各国政府、市民社会組織によるVAW撲滅のための活動を概観しました。第2グループは、VAWの撲滅と防止の障害となっている要因の分析に基づき、政策提言をおこないました。

開会挨拶を行う神田理事長開会挨拶を行う神田理事長

エストラーダ・クラウディオ氏による基調講演エストラーダ・クラウディオ氏による基調講演

2グループに分かれて成果発表を行うエンパワーメントセミナー生2グループに分かれて成果発表を行うエンパワーメントセミナー生

第二部の後半では、基調講演をおこなったエストラーダ・クラウディオ氏、JICA公共政策部 ジェンダー・平和構築グループ ジェンダー平等推進課の武藤亜子氏、平成20年度に「エンパワーメントセミナー」に研修生として参加したビチュタ・リー氏(カンボジアのNGO「女性と子どものための法的支援」ディレクター)と、各グループの代表2名によるパネルディスカッションを行いました。
会場からは「ワンストップセンター」の設置など、各国の先進的な取組についての質問が相次ぎ、活発な質疑応答がおこなわれました。アジア・太平洋諸国でVAWの撲滅に取り組む実務家や専門家間の人的なネットワークの構築と情報共有の重要性を確認し、「国際フォーラム」は閉会しました。

パネルディスカッションの様子 パネルディスカッションの様子

追記1:国立女性教育会館のウェブページからは「平成21年度アジア・太平洋地域の女性リーダーエンパワーメントセミナー」の実施速報とカントリーレポート(英語)をご覧いただけます。
2:本フォーラムの記録は平成22年3月に、国立女性教育会館より報告書として刊行される予定です。

国際連携