研修・イベント

研修

開催予告

平成29年度「学習オーガナイザー養成研修」

開催期間:平成30年1月18日(木)~20日(土) / 定員:30名

開催場所:国立女性教育会館 /


男女共同参画の基本理念や取組の意義、社会状況について整理するとともに、学習方法や評価など、事業企画・運営に関する実務を学ぶ研修を実施。

1.趣旨

 国立女性教育会館では、「男女共同参画の視点に立った地域づくり」をテーマに体系的な学習プログラムを効果的に実践・展開できる人材を育成する「学習オーガナイザー」を養成する研修を開催します。
 男女共同参画の基本理念や取組の意義、社会状況や現代的課題について把握し、個人の課題と社会的課題のつながりについて整理するとともに、学習方法や評価など、事業運営に関する実務的な学びの機会を提供することで、経験者の知見・技能の向上と人材養成をもって男女共同参画の推進を図ります。

2.目的

(1)男女共同参画の基点・基軸の形成
(2)学習をオーガナイズする企画力・実践力の形成
(3)地域における社会参画を推進する人の育成

3.主催

独立行政法人国立女性教育会館

4.会場

国立女性教育会館
〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728
TEL 0493-62-6724・6725
FAX 0493-62-6720

5.期日

平成30年1月18日(木)~1月20日(土)2泊3日

6.対象及び定員

女性関連施設、公民館、行政、大学、NPOなどで、研修・学習事業、女性のキャリア開発、女性の活躍推進・地域づくりに係る事業等の企画・実施経験を有する方 30名
*現に業務に就いている方、活動している方、初めて参加される方を優先します。

7.日程・内容

(各プログラムの間に10~15分の休憩が入ります)

第1日 1月18日(木)

(1)開会                              13:00~13:45
 ①主催者あいさつ
 ②オリエンテーション
  日程及び趣旨説明、参加者同士の自己紹介       

(2)講義「プログラムデザインの意義と役割」             13:50~14:30
 学習プログラムの設計図となる「プログラムデザイン」作成の目的・意義とその重要性について、学習の「見える化」の視点から理解を深めます。
 講 師:櫻田今日子 国立女性教育会館事業課長

(3)講義「男女共同参画の基礎的理解を深めるために
      ~個人的課題から社会的課題、そして課題解決へ~」     14:40~15:40
 男女共同参画社会基本法の理解、視点の必要性、個人的課題と社会的課題のつながりについて理解を深めます。また、男女共同参画の歴史的経緯や、個としての女性と社会との関係などを踏まえ、男女共同参画の今日的な理解について講義を行います。
 講 師:神田 道子 東洋大学名誉教授、国立女性教育会館事業課客員研究員

(4)講義・グループワーク「統計から考える男女共同参画の現状」    15:50~17:00
 男女共同参画社会基本法の5つの柱をもとに、人権、意思決定の参画、職業と他の活動の両立、性別役割分業、国際的協調などを、統計データから日本の男女共同参画の現状と課題を深掘りし、読み解きます。地域の実状を知るための基礎としての統計の見方を学びます。
 講 師:中野 洋恵 国立女性教育会館研究国際室長

(5)グループワーク「課題の共有と整理」               19:00~20:30
 プログラムの対象となる学習者の地域に取り巻く個人的課題、その背景に見えてくる社会的課題を探り、共有します。その中で、地域における喫緊の課題は何かを考えていきます。
 ファシリテーター:引間 紀江 国立女性教育会館事業課専門職員

第2日 1月19日(金)

(6)実践研究「地域づくりとキャリア開発を結びつける」        9:00~10:10
 職業や社会活動をとおしてキャリア開発を進められた実践報告をもとに、その共通要因やポイントについて把握します。また、キャリア開発を進めていくうえで、社会参画へと結びつけていくことを考えます。
 報告者:大田 茂子 千葉県白井市桜台センター長  
     山本美千代 熊本県菊池市中央公民館長
 コメンテーター:亀田 温子 十文字学園女子大学名誉教授、日本女性学習財団理事

(7)講義「協働型学習の理論・方法について」             10:30~12:00
 協働型学習(グループワーク)を単なる「意見交換の場」にとどめずに、その場の学びをどう振り返り意味づけするか、その意味づけの中から実践につながる「気づき」を得ることの重要性について、社会教育の視点から考えます。
 講 師:笹井 宏益 玉川大学学術研究所教授

                 <昼食休憩12:00~13:15>

(8)講義「男女共同参画の視点に立った事業企画を考える」       13:15~14:00
 学習プログラムを企画する上での現状把握、実施、評価までのPDCAサイクルに基づく運営について、注意点を解説します。また、プログラム開発実施の位置を探ります。
 講 師:松下 光恵 NPO法人男女共同参画フォーラムしずおか代表理事

(9)グループワーク「地域に即した課題解決プログラムをつくる」①   14:15~17:00
 課題解決に向けての意識開発と実践活動につながる学習プログラムデザインを、実際に企画・作成します。
 ファシリテーター:西山恵美子 国立女性教育会館事業課客員研究員
 学習支援:平成29年度「学習オーガナイザー養成研修」企画委員
      国立女性教育会館事業課専門職員

(10)情報交換会                           18:30~19:30
 全国からの参加者同士のネットワークづくりを図り、交流を深めます。

第3日 1月20日(土)

(11)グループワーク「地域に即した課題解決プログラムをつくる」②   9:00~10:45
 課題解決に向けての意識開発と実践活動につながる学習プログラムデザインを、実際に企画・作成します。
 ファシリテーター:西山恵美子 国立女性教育会館事業課客員研究員
 学習支援:平成29年度「学習オーガナイザー養成研修」企画委員
      国立女性教育会館事業課専門職員

(12)まとめと成果の共有                       10:45~11:30
 作成したプログラムデザイン案の発表により成果を共有するとともに、出来上がったプログラムを検証します。
 コメンテーター:平成29年度「学習オーガナイザー養成研修」企画委員

(13)まとめ「学習オーガナイザーの役割を学ぶ」            11:40~11:55
 3日間の研修を通して学習したことや作成したプログラムデザインについて振り返り、学習オーガナイザーの役割について再確認します。
 講 師:櫻田今日子 国立女性教育会館事業課長

(14)振り返り・閉会                         11:55~12:15

8.申込手続

(1)別紙「参加申込書」に必要事項を入力または記入の上、郵送または電子メール(progdiv@nwec.jp)のいずれかの方法で、国立女性教育会館までお送りください。
*送受信の行き違いや受信もれを防ぐため、申込受付は郵送または電子メールのみ(FAXは不可)とさせていただきます。

(2)申込期限:平成29年12月25日(月)(先着順)
*申込期間内でも、定員に達した場合は申込を締め切ります。

(3)参加のお知らせ
ご本人宛に電子メールまたは郵送にて、12月上旬より順次お知らせします。
*平成30年1月10日(水)までに通知が届かない場合、事業課(電話:0493-62-6724)までお問い合わせください。

9.所要経費

(1)参加費:無料
(2)宿泊費:研修期間中は、1名1泊あたり1,200円
   *1/17(水)及び1/20(土)も、1泊1,200円で宿泊可能です。
(3)情報交換会費:3,500円(立食形式、希望者のみ)
(4)食費:朝食 バイキング 870 円
      昼食 カフェテリア形式 550 円~800 円程度
      夕食 バイキング 1,080 円
(金額はすべて消費税込み)

10.平成29年度「学習オーガナイザー養成研修」企画委員

・亀田 温子  十文字学園女子大学名誉教授、日本女性学習財団理事
・神田 道子  東洋大学名誉教授、国立女性教育会館事業課客員研究員
・西山恵美子  国立女性教育会館事業課客員研究員
・松下 光恵  NPO法人男女共同参画フォーラムしずおか代表理事
(五十音順、敬称略)

11.その他

研修期間中に職員が撮影した写真を事業記録や広報のために使用することがあります。あらかじめ御了承ください。

準備中

研修・イベント