研修・イベント

研修

実施報告

平成26年度「企業を成長に導く女性活躍促進セミナー」

開催期間:平成26年10月17日(金)~18日(土)<1泊2日> / 定員:80名


事業内容

企業における男女共同参画の推進、女性の活躍推進を図るために、管理職、人材育成推進者、チームリーダーを対象に研修を実施する。

1.趣  旨

 本セミナーは、企業における女性の活躍推進を図り、男女共同参画社会の形成に資するため、企業におけるダイバーシティ(女性の活躍促進)の推進者、管理職、リーダーを対象に実施します。
 事例発表、講演およびパネルディスカッションでは、ダイバーシティ推進企業の経営者や人事部門の責任者、そしてワークライフバランスの専門家の方々を講師に迎え、女性の活躍促進のためには、どのような職場の風土改革やマネージメントが必要なのかを考えていきます。続いて情報交流会において参加者同士による情報交換やネットワークづくりの場を提供します。
 そして、グループワークでは参加者の直面する疑問や課題に向き合い解決の方向を探ります。

2.主  催

独立行政法人 国立女性教育会館(NWEC) 

3.共  催

経済産業省

4.会  場

1日目(10月17日) 放送大学東京文京学習センター

〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1     TEL:03-5395-8688

2日目(10月18日) 国立女性教育会館

〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728   TEL:0493-62-6724
ホームページ URL:http://www.nwec.jp/

5.期  日

平成26年10月17日(金)~10月18日(土) 1泊2日(※)
(※) 初日のみの参加も可能です。

6.参 加 者

企業におけるダイバーシティ(女性の活躍促進)の推進者、管理職及びリーダー

7.定  員 

80名

8.日  程

※「情報交流会」は、希望者のみで、有料のプログラムになります。

9.内  容

第1日 10月17日(金) 【東京茗荷谷会場】

(1)開会行事
 13:00~13:30
 主催者あいさつ  内海 房子 国立女性教育会館理事長 
 施策説明     経済産業省

(2)ダイバーシティ先進企業からの事例発表
 13:30~14:30
 ダイバーシティ先進企業の取組を伺います。女性の活躍を促進する職場風土や人材マネージメントのヒントを探ります。

講 師:泉川 玲香     イケア・ジャパン株式会社 取締役人事本部長
講 師:松橋 卓司      株式会社メトロール 代表取締役社長

(3)講演「職場の風土改革に必要なマネジメントとは」
 14:30~15:15
 女性の活躍促進を実施している企業からの事例を踏まえて、女性の活躍を促進するための課題や、女性の活躍を創出していく上で、何が求められているかについてお話いただきます。

講 師:パク・スックチャ   アパショナータInc. 代表
                 ワークライフバランスコンサルタント

(4)パネルディスカッション「女性が活躍できる企業のあり方とは」 
 15:30~16:45
パネリスト:泉川 玲香      イケア・ジャパン株式会社 取締役人事本部長
パネリスト:松橋 卓司       株式会社メトロール 代表取締役社長
コメンテータ:パク・スックチャ  アパショナータInc. 代表
                 ワークライフバランスコンサルタント

(5)1日目閉会行事(1日目のみ参加者アンケート記入及び回収) 
 16:45~17:00

(6)情報交流会(希望者のみ)                      
 17:00~18:30
 全国からの参加者と交流し、参加者同士の情報ネットワークづくりを行います。

*2日目参加者は専用バスにて国立女性教育会館へ移動。

第2日 10月18日(土) 【嵐山会場】

(7)NWECからの情報提供
 9:00~10:00
 統計データを用いた国際比較を通じて、女性の活躍と男女共同参画の推進をわかりやすく解説します。
  講 師:中野 洋恵 国立女性教育会館研究国際室長  

(8)グループワーク1
 10:15~12:00
 グループに分かれて、参加者同士の背景や問題意識を共有し、講演やパネルディスカッションで得たことの相互理解を深めていきます。

(9)グループワーク2
 13:00~14:45
 引き続き、グループごとにアクションラーニングに基づいたディスカッショ ンを行い、話し合ったことを発表して全員で共有します。

(10)閉会
 14:45~15:00
 アンケートの記入及び回収    
 閉会のあいさつ  櫻田 今日子 国立女性教育会館事業課長

10.申込方法等について

(1)方  法
 別紙「参加申込書」に必要事項をご記入の上を下記メールアドレスまでお申し込みください。
メールアドレス progdiv@nwec.jp

※開催要項、参加申込書の電子データをご希望の方は、国立女性教育会館ホームページよりダウンロードしてください。

(2)申込期限   平成26年10月16日(木)

(3)参加のお知らせ
 ご本人宛にメールによりお知らせします。ご不明な点がございましたら、事業課(電話:0493-62-6724)までお問い合わせください。

11.所要経費

(1)受講料    無料

(2)情報交流会費 3,000円(希望者のみ)
※1日目のプログラム終了後、夕食を兼ねた情報交流会を立食形式で行います。
※情報交流会終了後、貸切バスにて国立女性教育会館までご案内します。

(3)宿泊費    開催期間中は1泊2,670円(後泊も2,670円)

(4)食 事    カフェテリア形式の食堂を備えておりますので、ご利用ください。
          (1食 700円~1,000円程度)

12.その他

職員が撮影した写真を、事業記録や広報のために使用することがあります。あらかじめご了承ください。

企業内女性活躍促進の鍵は、「長時間労働をやめること」と「働き方をフレキシブルにすること」

~平成26年度「企業を成長に導く女性活躍促進セミナー」実施報告~

 企業におけるダイバーシティ(女性の活躍促進)の推進者、管理職、リーダーを対象とした1泊2日(10月17日(金)~18日(土))の研修を開催し、全国から80名以上の企業関係者の参加を得ました。17日は放送大学東京文京学習センターで、18日は国立女性教育会館(NWEC)での実施。今回のテーマは「女性が活躍できる職場風土とは」。

 1日目の東京会場では、経済産業省経済産業政策局係長の関 万里氏の施策説明に続き、イケア・ジャパン株式会社取締役人事本部長の泉川 玲香氏、株式会社メトロール社長の松橋 卓司氏が、トップダウンで推進する先進的取り組みを発表。両社ともに、6割を超える女性従業員をいかに活用し能力を発揮してもらうか工夫して取り組んでおり、多様な人材の活用やフラットな組織、社員のアイデアの採用、男女共にキャリアと家庭を両立できる支援策などの具体例が紹介されました。続く講演ではアパショナータInc.代表でワークライフバランスコンサルタントのパク・スックチャ氏が、豊富な国際比較データを用いながら女性活躍が進まない我が国特有の事情を分析。なでしこ銘柄など、女性登用が進んでいる会社の業績は上昇傾向にあるとの統計データも示され、ワーク・ライフ・バランス推進の必要性や、女性活躍に欠かせない男性の長時間労働や家庭責任のシェア、柔軟な働き方の導入など数々の提言がありました。続くパネルディスカッションでは、パク氏、泉川氏、松橋氏の3者による活発な論議が展開され、会場からの多くの質問も交えてこれらの課題がさらに堀下げられました。情報交流会では、業種を越えたネットワークの構築と情報交換が進められました。その後、2日目のプログラム参加者はNWECまでバスで移動し、チェックイン後は、宿泊棟ラウンジでゆったりとワインを飲みながら和やかな雰囲気の中、担当する業務や社内の課題などについて話し合われました。

 2日目は、まず、NWEC研究国際室長から、最新のデータを基に国際比較の観点から見た女性活躍の現状と課題についての情報提供があり、続いて、「アクションラーニング」の手法を用いたグループワークが実施され、参加者それぞれが抱える課題の共有と解決に迫りました。
  
 参加者からは「パネリスト3名の方々自身がまさにダイバーシティと思えるような盛り上がるディスカッションで有意義だった」「講演やパネルディスカッションから多くのキーワードを見つけられた」「女性の活躍促進と男性の長時間労働や男性の家庭責任についての関係性を考えさせられた」「アクションラーニングは社内での研修に採りいれたい」などの感想が寄せられました。今回の研修に参加された企業内担当者の方々が、ここで得られた知見やネットワークを活用して、社内の女性活躍、ワーク・ライフ・バランスの促進に取り組まれることを期待します。

研修・イベント