NWECとは

出版物・報告書

アジア太平洋地域の人身取引問題と日本の国際貢献-女性のエンパワーメントの視点から-

アジア太平洋地域の人身取引問題と日本の国際貢献-女性のエンパワーメントの視点から-

平成17・18年度「アジア太平洋地域の人身取引問題と日本の国際貢献」調査研究成果をまとめたものです。(平成19年6月刊行)

体裁 A4判
在庫
発行年月日 2007年06月30日
入手方法 研究国際室(TEL 0493-62-6479)までお問い合わせください。
目次

I 調査研究の趣旨と成果概要
II 人身取引のブッシュ要因(供給側の調査研究)
II-1 タイ・カンボジア
1.調査地の概要
  1-1 「送り出し」地の地域事情、家族の状況
  1-2 メコン川地域諸国における人身取引関係機関(省庁・NGO)
  1-3 ミャンマーの人身取引問題と取組み
   1-4 人身取引被害者に対する職業訓練・生活自立支援の課題
2.タイ王国チェンライ県7郡における帰国女性一時調査
3.タイ、カンボジアでのインタビュー調査日程 
4.タイ・カンボジアでの調査
II-2 フィリピン
1.調査の概要
2.フィリピン政府の人身売買に対する取り組み
3.「送り出し」地の地域事情:渡辺美穂
4.Report of the Interview research of the returned victims/survivors
trafficked to Japan conducted by Batis Center for Women, Inc.
under commission from the National Women's Education Center
of Japan
5.Filipino Entertainers in Japan: A Continuation
6.フィリピン班の提言 -今後に向けて-
7.フィリピンでのインタビュー調査日程
8.フィリピンでの調査項目
III 経由と受け入れの接点
1.法制度、法執行
2.人身取引問題に関する国会議員アンケート
3.日本の関係政府機関
IV 受け入れ側のプル要因(需要側の調査研究)
1.人身取引問題に対する日本人の意識
2.現代人の意識と行動に関する調査

NWECとは