NWECとは

理事長あいさつ

理事長あいさつ

男女共同参画社会の実現を目指して

独立行政法人国立女性教育会館(NWEC)は、我が国唯一の女性教育に関するナショナルセンターとして昭和52年(1977年)に設立されました。
以来40年近くにわたって、女性教育指導者や関係者への研修や交流機会の提供、男女共同参画・女性教育・家庭教育に関する専門的な調査研究、情報収集・提供の充実など、教育・学習支援を通じ男女共同参画社会の実現のための推進機関としての役割を果たしてまいりました。この間、全国の女性たちとのネットワークを構築し、ともに学習プログラムを開発し、関連する貴重な記録やデータを蓄積することで、男女共同参画社会の実現を図っています。

しかしながら、日本の女性の活躍は世界の女性たちと比較して大きく水をあけられているというのが実情です。政策・意思決定過程への女性の参画率の低さ、男性の育児・家事への参加の低さなど多くの問題があり、日本の男女共同参画社会実現は未だ道半ばにあると言えるでしょう。

こうした状況を踏まえ、我が国では「第4次男女共同参画基本計画」がスタートしました。「第4次男女共同参画基本計画」には、202030(2020年までに女性管理職を30%にという目標)実現に向けた具体的な取組やNWECの役割などが明記されています。
この新たな展開が期待される局面において、NWECでは、今後もより積極的に男女共同参画の推進機関として、充実・深化した事業の展開を図ってまいります。

皆様のご指導、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

独立行政法人国立女性教育会館理事長
内海房子