NWECとは

NWECについて

沿革

昭和52年に文部省の附属機関として設置されて以来、男女共同参画の推進機関としての役割を果たしてきたNWECの歩みを振り返ります。

昭和52年7月
文部省の附属機関として「国立婦人教育会館」が設置される
昭和52年11月
開館式
昭和54年11月
情報図書室開室(昭和62年11月から「婦人教育情報センター」、平成13年1月から「女性教育情報センター」と改称)
昭和57年6月
皇太子殿下・同妃殿下行啓
昭和62年5月
利用者100万人を超える
平成6年4月
「国立婦人教育会館将来構想検討委員会」が「国立婦人教育会館の将来構想について」を報告
平成9年1月
愛称を「ヌエック」に決定
平成13年1月
名称を「国立女性教育会館」に改称
平成13年4月
「独立行政法人 国立女性教育会館」設立
平成18年4月
女性情報ポータル“Winet”(ウィネット)公開
平成18年6月
利用者300万人を超える
平成20年6月
女性アーカイブセンター開設
平成22年11月
研修棟、宿泊棟等の改修工事
平成24年8月
「国立女性教育会館の在り方に関する検討会」が報告書を公表
平成25年9月
利用者400万人を超える
平成27年7月
PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)制度導入

写真で振り返るNWECのあゆみ

開館式で挨拶をする 福田赳夫首相(当時)

皇太子殿下・同妃殿下行啓

女性アーカイブセンター開設