Top出版物・報告書刊行物 › 国立女性教育会館研究ジャーナル

国立女性教育会館研究ジャーナル

開館20周年を機に創刊された本紀要は、ヌエックの調査研究事業の成果を発表し女性教育の進展に寄与するとともに、投稿論文を募集するなど生涯学習に関する研究の発表の場を広げることを目的としています。関連大学、教育委員会、関連施設へ配布しておりますので、ぜひご一読ください。
第10号(平成18年8月刊行)を機に、「国立女性教育会館研究ジャーナル」と名称を変えました。
※平成22年度からは、女性エンパワーメント、男女共同参画の推進に関する研究報告、女性関連施設や女性団体の実践活動等を掲載する「NWEC実践研究」を発行しています。

入手方法

送料実費負担で希望者に差し上げています。(送料:8号〜13号 300円/1冊, 14号 350円/1冊)

1.または2.、いづれかの方法でお申込みください。
  1.返信用切手の事前送付
   a 返信用切手(300円または350円)
   b お名前、ご住所、電話番号、希望号、希望冊数を記載したメモ
   c 研究国際室宛に送付してください

  2.着払い
   a お名前、ご住所、電話番号、希望号、希望冊数をFAX(0493-62-9034)
   b 送料(300円または350円)+手数料(21円)を配達の方へお渡しください。
     (料金は現金または切手での支払いが可能です。)

※2冊以上をご希望の場合は、国立女性教育会館研究国際室(TEL0493-62-6479)までお問い合わせください。

あて先・問い合わせ
〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728
独立行政法人国立女性教育会館 研究国際室
TEL 0493‐62‐6479,FAX 0493‐62‐9034

  創刊号から14号の内容を閲覧できます。(PDF 形式)
   【私的目的以外の複写、無断転載を禁じます】

第14号 第13号 第12号 第11号 第10号 第9号 第8号 第7号 第6号 第5号 第4号 
第3号 第2号 創刊号


国立女性教育会館研究ジャーナル 第14号目次
NWEC KENKYU JOURNAL
(Journal of the National Women's Education Center of Japan MARCH 2010 Vol.14)

テーマ:女性の人権(Human Rights of Women)

特集(SPECIAL SECTION)
 論文 女性差別撤廃条約――30年目の到達点:林 陽子
 (Convention on the Elimination of All forms of Discrimination against Women: The Achievement of the Past 30 years, Yoko Hayashi)

 論文 精神健康の側面から見たDV被害の実態と研究の課題:小西 聖子
 (Current Issues of Research on Domestic Violence from the Viewpoint of Mental Health, Takako Konishi)

 論文 ドメスティック・バイオレンス家庭に育つ子どもたち――インパクトとリカバリー:森田 ゆり
 (The Forgotten Victims: The Children in the Family of Domestic Violence, Yuri Morita)

 実践事例研究 人身取引被害者の帰国後のエンパワーメント支援アプローチ――タイの当事者組織の活動分析から:齋藤 百合子
 (Empowerment Approach for Survivors of Trafficking after Returning Their Countries: The Analysis from Self Help Organizations Activities in Thailand, Yuriko Saito)

抄録(ABSTRACT)
 抄録 女性のエンパワーメント国際フォーラム2008――人身取引問題の解決に向けたグローバル・パートナーシップ
 (2008 International Forum for Women’s Empowerment)

投稿論文 (REFEREED ARTICLES)
 論文 スリランカの農村・農園における妊婦の健康とwell-beings:磯邉厚子、井関敦子、石村久美子
 (Pregnant Women’s Health and Well-beings in the Rural Areas and Plantations in Sri Lanka, Atsuko Isobe, Atsuko Iseki, Kumiko Ishimura)

 論文 「酔っ払い防止法」の再評価とその限界――ドメスティック・バイオレンス、セクシュアル・ハラスメントの概念がなかった時代に:佐藤ゆかり
 (Reevaluation of the “Intoxication Prevention Law” and its Limitation:In an Age when the Concepts of Domestic Violence and Sexual Harassment Did Not Exist, Yukari Sato)

 実践事例研究 Programmes for Sexually Traumatised Women in the Former Yugoslavia:丹野 絵里子(Eriko Tanno)

 研究ノート 高齢者を援助するボランティアの老いへの準備行動――地域ボランティア活動による援助成果:大坂 紘子
 (How Volunteering with the Elderly Prepares Individuals for Old Age: Results of Community Volunteering Activities, Hiroko Ohsaka)

NWEC調査研究事業 (NWEC RESEARCHES)
 調査報告 女性関連施設に関する調査研究による学習プログラム開発――連携・協働を推進しつつ、地域づくりに参画する人材が育つために:森 未知
 (Research on Women’s Facilities in Japan and the Development of a Learning Program, Michi Mori)

 調査報告 女性に対する暴力に関する研修と普及啓発事業の成果と課題:越智 方美
 (Training and Advocacy Programs on Violence Against Women of the National
  Women’s Education Center: Issues and Challenges, Masami Ochi)

 資料解題 塩ハマ子・春秋会コレクション――婦人学級の発生と展開を中心に:上村千賀子
 (Bibliographical Note on “Shio Hamako and Shunju-kai Collection” : The Birth and Development of “Women’s Class” from 1945 to 1980 in Japan, Chikako Uemura)

海外の女性/ジェンダー情報
(WOMEN / GENDER INFORMATION AROUND THE WORLD)

 論文 インドにおける女性の権利とジェンダーに基づく暴力:パメラ・シングラ
 (Women’s Rights and Gender Based Violence in India: Issues and Challenges, Pamela Singla)

書評 (BOOK REVIEWS)
 中尾 香 『〈進歩的主婦〉を生きる――戦後『婦人公論』のエスノグラフィー』 :井上 輝子
 (Kaori Nakao, Living as ‘an Advanced Housewife’ : Ethnography of Postwar “Fujin-Koron” Teruko Inoue)

 西川真規子 『ケアワーク 支える力をどう育むか――スキル習得の仕組みとワークライフバランス』:笹谷 春美
 (Makiko Nishikawa, Resetructing Care Work and Care Relations Harumi Sasatani)

 岡原 都 『戦後日本のメディアと社会教育――「婦人の時間」の放送から「NHK婦人学級」の集団学習まで』:小玉美意子
 (Miyako Okahara, The Media and Social Education in Postwar Japan:from the Broadcasts of “Women’s Hour” to Social Education through “NHK Women’s Class” Miiko Kodama)

本の紹介 (NEWLY PUBLISHED BOOK INFORMATION)
 原   克  『アップルパイ神話の時代――アメリカ モダンな主婦の誕生』:有賀  夏紀
 (Katsumi Hara, The Age of the Apple Pie Myth: The Emergence of “Modern” Housewives in America Natsuki Aruga)

 末次 玲子 『二〇世紀中国女性史』前山 加奈子
 (Reiko Suetsugu, Women History in 20th Century China Kanako Maeyama)

SUMMARIES
募集要項投稿規定執筆要項 (APPLICATION AND WRITING GUIDELINES)
査読委員一覧 (REFEREES LIST)
休刊のおしらせ: 国立女性教育会館理事長 神田 道子
編集後記 (EDITOR'S NOTE: Hiroko Nagano):長野ひろ子

トップへ

国立女性教育会館研究ジャーナル 第13号目次
NWEC KENKYU JOURNAL
(Journal of the National Women's Education Center of Japan MARCH 2009 Vol.13)

テーマ:女性のキャリア形成支援(Support Program for Women’s Career Development)

特集(SPECIAL SECTION)
 論文 キャリアパターン別に見た女性の就業の特徴:武石恵美子
 (A Study on Women’s Career Pattern Characteristics:Emiko Takeishi)

 論文 女性のキャリア形成支援のあり方
  ―「ロールモデルに関する調査研究」の結果から:渡辺三枝子
 (A Proposal on Promoting Women’s Career Development: Based on Research Findings on Role-models:Mieko Watanabe)

 実践事例研究 『クレオ大阪』における女性のキャリア形成・チャレンジ支援事業:槇村 久子
 (Support Program for Women’s Career Development and Challenges at CREO-OSAKA:Hisako Makimura)

 実践事例研究 出産・育児期の女性に向けたキャリア形成支援の試み
  ―日本女性学習財団「女性のキャリア支援セミナー2007」の事例―:新井 浩子
 (Attempt of Career Formation Support Intended for "Woman in Maternity and Child Care Period":Japan Association for Women’s Education "Career Support Seminar 2007" as a Case:Hiroko Arai)

投稿論文(REFEREED ARTICLES)
 論文 「かわいい女の子」はいかにして可能か     
  ―保育士と子どもとの相互行為分析―:三橋 弘次、マシュー・バーデルスキー
 (How is a “Kawaii Girl” possible?: A View from a Japanese nursery room:Koji Mitsuhashi, Matthew Burdelski)

 論文 人的資本の蓄積と第一子出産後の再就職過程:坂本 有芳
 (The Effect of the Human Capital Accumulation on Women’s Reemployment:Yuka Sakamoto)

 実践事例研究 「成人した子どもの自立」に悩む母親へのサポート120  ―ジェンダーの視点に基づく相談実践―:川畑真理子、本多 晶子
 (Counseling Practices with a Gender Perspective for Mothers of Grown Up Children Who Don’t Work and Still Live at Home with their Parents:Mariko Kawabata, Akiko Honda)

 研究ノート 孫の養育責任を担う祖母の現状―祖父母学習の課題提起につなげて―:古口 真澄
 (The Present State of Grandmothers Responsible for Raising Grandchildren: Implication for Challenges of Grandparent Education:Koguchi Masumi )

NWEC調査研究事業(NWEC RESEARCHES)
 報告論文 人身取引とその防止・教育・啓発に関する調査研究:渡辺 美穂
 (Research on Prevention, Education and Awareness Raising of Trafficking in Persons:Miho Watanabe)

 調査報告 『国立女性教育会館研究ジャーナル』投稿論文掲載者フォローアップ調査: 羽田野慶子、河野梨穂子、渋谷 典子、伊藤 静香
 (A Survey Report about Career Development of the Authors of Refereed Articles in NWEC Journal, 1997-2008:Keiko Hatano, Rihoko Kawano, Noriko Shibuya, Shizuka Ito)

海外の女性/ジェンダー情報(WOMEN/GENDER INFORMATION AROUND THE WORLD)
 論文 ネパール女子奨学金制度:菅野 琴
 (Scholarship and Incentive Schemes for Girls in Nepal:Koto Kanno)

書評(BOOK REVIEWS)
 山内 惠『不自然な母親と呼ばれたフェミニスト―シャーロット・パーキンズ・ギルマンと新しい母性 』:松本 悠子
 (Megumi Yamauchi,The Feminist Called an “Unnatural Mother”: Charlotte Perkins Gilman’s” New Motherhood”:Yuko Matsumoto)

 矢口 徹也『女子補導団―日本のガールスカウト前史』:小玉 亮子
 (Tetsuya Yaguchi, History of Girl Guides Movement in Japan:Ryoko Kodama)

本の紹介(BOOK REVIEWS)
 ジャネット・ハンター『日本の工業化と女性労働―戦前期の繊維産業 』:阿部 武司 谷本 雅之
 (Janet Hunter ,Women and the Labour Market in Japan's Industrialising Economy: The Textile Industry before the Pacific War:Takeshi Abe, Masayuki Tanimoto)

 R.コンネル『ジェンダー学の最前線』:多賀 太
 (Raewyn Connell, Gender:Futoshi Taga)

 本田 由紀『「家庭教育」の隘路―子育てに強迫される母親たち』:天童 睦子
 (Yuki Honda ,The Defile of "Family Education": Japanese Mothers under Pressures of Child-Rearing:Mutsuko Tendo)

SUMMARIES
募集要項投稿規定執筆要項(APPLICATION AND WRITING GUIDELINES)
査読委員一覧(REFEREES LIST)
編集後記:長野 ひろ子(EDITOR'S NOTE: Hiroko Nagano)

  トップへ

国立女性教育会館研究ジャーナル 第12号目次
NWEC KENKYU JOURNAL
(Journal of the National Women's Education Center of Japan MARCH 2008 Vol.12)

テーマ:女性アーカイブズ(Women's Archives)
 国立女性教育会館の30年間を振り返る:神田 道子
 (FOREWORD):Michiko Kanda

特集(SPECIAL SECTION)
 論文 女性アーカイブズの役割と可能性:久留島典子
 (The Role and Potential of Women's Archives: Noriko Kurushima)

 論文 英国における女性アーカイブズの現状と課題:富田 裕子
 (The Present State of Women's Archives in Britain and the Provlems They Face: Hiroko Tomida)

 論文 デジタルアーカイブの現状と国立女性教育会館女性アーカイブ構築:安達 一寿
 (Research on the Present State of the Digital Archives, and the Construction of the Women's Archives at the National Women's Education Center: Kazuhisa Adachi)

 資料解題 奥むめおコレクション 
  −暮らしに根づいた女性運動の軌跡:上村千賀子、斎藤 慶子、渋谷 晴子
(OKU Mumeo Collection: Tracks of the Women's Movement Rooted in Daily Lives: Chikako Uemura, Keiko Saitoh, Haruko Shibuya)

 資料解題 稲取実験婦人学級コレクション −「主婦」たちの学習記録−:矢口 悦子
 (The Inatori Experimental Women's Class Archive: Learning Records of"Housewives": Etsuko Yaguchi)

 資料解題 売春防止法関係資料 −買売春にとりくむ戦後の女性運動−:羽田野慶子
 (Documents Related to Prostitution Prevention Law: Women's Anti-prostitution Movement in Postwar Japan: Keiko Hatano)

 資料解題 全国婦人新聞社取材写真コレクション −女性のエンパワーメントの軌跡−:勝野真佐子
 ("The National Women's Journal" Photograph Collection: A History of Women's Empowerment: Masako Katsuno)

抄録(ABSTRACT)
 国立女性教育会館開館30周年記念シンポジウム
  時代を拓くアジアの女性リーダー
   −女性の人材育成を支援するために−:張 静、キム・キョンエ、内海 房子、郷 通子、有馬真喜子
(Symposium: 2007 INTERNATIONAL FORUM in Commemoration of the 30th Anniversary of NWEC "Women Leaders in Asia Promoting Gender Equality in New Era -Necessary Support for Women's Capacity Development":Zhang Jing, Kim Kyung-Ai, Fusako Utsumi, Michiko Go, Makiko Arima)

投稿論文(REFEREED ARTICLES)
 論文 美容外科をめぐる理論と表象−アイラ・レヴィン『ステップフォードの妻たち』を例に−:英 美由紀
 (The Theories and the Literary Representations on Cosmetic Surgery: Reading Ira Levin's The Stepford Wives: Miyuki Hanabusa)

 実践事例研究 大学における女性卒業生支援を目的としたソーシャル・ネットワーキング・サービスの提案と実践:徳野 淳子、櫻田 武嗣、萩原 洋一、秋田カオリ、寺田 松昭、宮浦 千里
(A Proposal and Practice of a Social Networking Service for Supporting Alumnae's Career: Junko Tokuno, Takeshi Sakurada, Yoichi Hagiwara, Kaori Akita, Matsuaki Terada, Chisato Miyaura)

NWEC調査研究事業(NWEC RESEARCHES)
 論文親は子どもに本当はなにを期待しているのか−「男らしく女らしく」への期待から−:大槻 奈巳
 (What Do Parents Really Ecpect from Their Children?: Expectations to Be Masculine/Feminine: Nami Otsuki)

海外の女性/ジェンダー情報(WOMEN/GENDER INFORMATION AROUND THE WORLD)
 東北アジア女性における韓流ドラマ人気の要因:イ・スヨン(チョン・イルファ訳)
(Korean Wave Dramas' Popularity in East-Asian Countries: Lee Sooyeon (Translated by Cheon Illhwa))

書評(BOOK REVIEWS)
 大沢 真理『現代日本の生活保障システム−座標とゆくえ』:藤村 正之
 (Mari Ohsawa, Livelihood Security System in Contemporary Japan: Its Coordinate and Locus: Masayuki Fujimura)

 中里見博『ポルノグラフィと性暴力−新たな法規制を求めて』:角田由紀子
 (Hiroshi Nakasatomi, Pornography and Sex Violence: In Search for New Legal Regulations: Yukiko Tsunoda)

 上村千賀子『女性解放をめぐる占領政策』:赤松 良子
 (Chikako Uemura, Emancipation of Women under the U.S. Occupation Policy in Japan from 1945 to 1952: Ryoko Akamatsu)

本の紹介(BOOK REVIEWS)
富永智津子、永原陽子編『新しいアフリカ史像を求めて−女性・ジェンダー・フェミニズム』:富永智津子
 (Chizuko Tominaga & Yoko Nagahara, Towards New Perspectives of African History: Chizuko Tominaga)

SUMMARIES
募集要項・投稿規定・執筆要項(APPLICATION AND WRITING GUIDELINES)
査読委員一覧(REFEREES LIST)
編集後記:浅倉むつ子(EDITOR'S NOTE:Mutsuko Asakura)

  トップへ

国立女性教育会館研究ジャーナル 第11号目次
NWEC KENKYU JOURNAL
(Journal of the National Women's Education Center of Japan August 2007 Vol.11)

テーマ:子育て・働き方各国事情(Child Raising and Working Style around the World)

特集(SPECIAL SECTION)
 論文 「家庭教育に関する国際比較調査」の概要と意義:牧野カツ子
 (Outline and Significance of the International Comparative Study on Child Raising and Family Life 2005: Katsuko Makino)

 論文 父子の平日接触時間の日韓比較
  −接触時間の短さの影響と接触時間の規定要因−:酒井 計史
(A Comparative Analysis of the Shortness of Weekday Contact between Father and Child in Japan and Korea: How This Influences the Father-Child Relationship and the Factors That Contribute to the Short Contact Time: Kazufumi Sakai)

 論文 男女の働き方と子育て−6ヵ国比較調査から−:舩橋 惠子
 (Parents' Working Styles and the Social Environment for Children and Families: Keiko Funabashi)

 論文 タイの子育てと子ども政策の展開−都市と農村の比較−:江藤 双恵
(Developments in Child Raising and Child Raising-Related Policies in Thailand: A Study Based on the Comparison of Rural and Urban Areas: Sae Etoh)

 抄録:女性のエンパワーメント国際フォーラム(読売・NWEC女性アカデミア21)
産む・産まない 各国男女事情
  −次世代育成に関する国際調査から−:北村 節子、ホン・ソンアー、
       牧野カツ子、ラルフ・ラロッサ、フレデリック・ルプランス、猪口 孝、舩橋惠子
(ABSTRACT: International Forum for Women's Empowerment YOMIURI-NWEC ACDEMIA 21 Theme: To Have a Child or Not? Child Rearing arond the World
From the International Comparative Study on Child Raising and Family Life 2005)

投稿論文(REFEREED ARTICLES)
 論文 間接差別禁止規定解釈によるフレキシブル・ワーキングへの配慮と平等の本質
  −イギリス性差別禁止法から学ぶ−:原田いづみ
 (How the Interpretation of Prohibitions against Indirect Discrimination Serve as an Endorsement of Flexible Work Styles and Equality: what Can Be Learned from the 1975 Sex Discrimination Act in the UK: Izumi Harada)

 論文 提供精子による人工授精と揺らぐ家族の生き方:南 貴子
(Donor Insemination and Changing Family Lifestyles: Takako Minami)

 実践事例研究 再チャレンジする女性たちの現状と課題
     −男女共同参画センターにおける人的資源活用をめざす実践事例から−:伊藤 静香
 (Women Who Undertake New Challenges: Practical Consideration and Issues at a Gender Equality Center: Shizuka Ito)

 研究ノート 女性衆議院議員の政治補充−その類型化に向けて−:朴 仁京
 (The Recruitment Patterns of Women to the Lower House of the Japanese Diet: In Kyung Park)

NWEC調査研究事業(NWEC RESEARCHES)
 論文女性のキャリア形成に関する調査研究:羽田野慶子
 (Women's Career Development Research at the National Women's Education Center of Japan: Keiko Hatano)

海外の女性/ジェンダー情報(WOMEN/GENDER INFORMATION AROUND THE WORLD)
 中国女性NGOの発展 抄訳:劉伯紅(大浜慶子訳)
(Abridged Translation, "The Development of Chinese Women's Nongovernmental Organizations": Liu bo hong (Translated by Keiko Ohama))

 解題:秋山 洋子
 (Explanatory Article: Yoko Akiyama)

書評(BOOK REVIEWS)
 萩原久美子『迷走する両立支援』:神尾真知子 
 (Kumiko Hagiwara, Work and Family in the Maze: Machiko Kamiko)

 内田伸子編著『誕生から死までのウエルビーイング』:堀 薫夫
 (Written and edited by Nobuko Uchida, Studies of Well-Being from Birth to Death: Shigeo Hori)

 クマーリ・ジャヤワルダネ『近代アジアのフェミニズムとナショナリズム』:足羽與志子
 (Kumari Jayawardena, Feminism and Nationalism in the Third World: Yoshiko Ashiwa)

SUMMARIES
募集要項他、査読委員一覧、編集後記
募集要項・投稿規定・執筆要項(APPLICATION AND WRITING GUIDELINES)
査読委員一覧(REFEREES LIST)
編集後記:浅倉むつ子(EDITOR'S NOTE:Mutsuko Asakura)

  トップへ

国立女性教育会館研究ジャーナル 第10号目次
NWEC KENKYU JOURNAL
(Journal of the National Women's Education Center of Japan August 2006 Vol.10)

テーマ:災害復興とジェンダー(Disaster Reconstruction and Gender)
 第10号の刊行にあたって :神田 道子
 (FOREWORD: Michiko Kanda)

特集(SPECIAL SECTION)
 論文 災害とその復興における女性問題の構造
 −阪神・淡路大震災の事例から−:相川 康子
 (Analysis of the Gendered Structure of Disaster and Post-Disaster Revival: In the Case of the Great
Hanshin-Awaji Earthquake: Yasuko Aikawa)

 論文 Did You Say Gender and Disaster?:
 Understanding Gender Dimensions in Reducing Disaster Risks:Cheryl L. Anderson
 
抄録
  平成17年度女性の学習国際フォーラム「災害と女性のエンパワーメント」
  (ABSTRACT: National Women’s Education Center of Japan International Forum on Women’s Learning 2005
  Forum Theme:Disaster and Women’s Empowerment)

 基調講演:防災・災害復興に活かす女性の視点・女性の力:清原 桂子
 (Keynote Speech: Make Use of Women’s Points of View and Power for Disaster Prevention and Relief: Keiko Kiyohara)

 シンポジウム:男女共同参画による防災・減災・復興・支援戦略とは:相川 康子、池田 恵子、大島煦美子、松野 明久、シェリル L.アンダーソン、ノルマ・スサンティ
 (Symposium: Strategies for Disaster Prevention, Reduction, Rehabilitation and Support through Gender Equality:Yasuko Aikawa, Keiko Ikeda, Kumiko Ohshima, Akihisa Matsuno, Cheryl L. Anderson, Norma Susanti)

投稿論文(REFEREED ARTICLES)
 論文 異なる性役割態度の併存とその関連要因に関する検討 儘田 徹、:中山 和弘
 (Combining Different Sex Role Attitudes and Their Associated Factors: Toru Mamada, Kazuhiro Nakayama)

 実践事例報告 地域特性に即した女性たちの再チャレンジ支援
 −首都圏郊外にくらす主婦たちの声から−:津田 好子
 (Support Measures with Regional Characteristics for the Reemployment of
Women: A Case Study of 37 Housewives Living in the Suburbs:Yoshiko Tsuda)

 実践事例報告 NPOと女性センターの協働による情報機能に関する一考察
 −大阪府立女性総合センター(ドーンセンター)情報ライブラリーにおける実践をもとに−:堀 久美、木下みゆき
 (The Information Function in Cooperation between NPO and Women’s Center: Case Study of Osaka Prefectural Women’s Center: Kumi Hori, Miyuki Kinoshita)

 研究ノート 労働と女性
 −スリランカ農園部のプラッカーの女性たち−:磯邉 厚子
 (Labor and Women:The Plantation Tea Pickers of Sri Lanka : Atsuko Isobe)

NWEC調査研究事業(NWEC RESEARCHES)
 実践事例研究 国立女性教育会館「国際女性情報処理研修」の五年間
 −アジア・太平洋地域女性のエンパワーメント支援−: 濱田すみ子、青木 玲子
 (NWEC International Training Course on Processing Women’s Information:The Past Five Years : Sumiko Hamada, Reiko Aoki)

 実践事例研究 「カンボジア・ジェンダー統計の分析」研修の2年間を振り返る
 −調査研究の研修への応用可能性についての検討−:高橋 由紀
 (Review of the Two Years Country-Speci?c Training Course“Cambodia−Analysis of Gender Statistics〉: Consider the Possibility of Using Research Results for Gender Equal Training : Yuki Takahashi)

書評(BOOK REVIEWS)
 森ます美 『日本の性差別賃金』 :永瀬 伸子
 (Masumi Mori, Gender Discrimination in Wages and Pay Equity in Japan: Nobuko Nagase)

 丸山 茂 『家族のメタファー』 :棚沢 直子
 (Shigeru Maruyama, Metaphor for the Family-Gender, Falling Productivity and the Society in Action: Naoko Tanasawa)

 佐藤 文香 『軍事組織とジェンダー 自衛隊の女性たち』:加納実紀代
 (Fumika Sato, Gender and the Military: Women in the Japanese Self-Defense Forces: Mikiyo Kanou)

本の紹介(NEWLY PUBLISHED BOOK INFORMATION)
  OECD編著 『国際比較:仕事と家族生活の両立−日本・オーストリア・アイルランド』:松信ひろみ
 (Organisation for Economic Co-Operation and Development, Babies and Bosses: Reconciling Work and Family Life: Austria, Ireland and Japan : Hiromi Matsunobu)

SUMMARIES
募集要項・投稿規定・執筆要項
(APPLICATION AND WRITING GUIDELINES)
査読委員一覧(REFEREES LIST)
創刊号〜第9号目次一覧(CONTENTS LIST FROM VOL.1 TO VOL.9)
編集後記:浅倉むつ子(EDITOR'S NOTE:Mutsuko Asakura)

  トップへ


国立女性教育会館研究紀要 第9号目次
KENKYU KIYO
(Journal of the National Women's Education Center of Japan August 2005 Vol.9)

テーマ:エンパワーメントのための生涯学習(Lifelong Learning for Empowerment)

特集(SPECIAL SECTION)
 巻頭言 生涯学習とそれぞれの「エンパワーメント」:原ひろ子
 (Lifelong Learning and Individual Empowerment: Hiroko Hara)

 論文 生涯学習と女性のエンパワーメント
 −日本・韓国・ノルウェー・アメリカの4カ国比較調査から−:大槻 奈巳
 (Lifelong Learning and omen's Empowerment:Results of Comparative Research on Four Countries,Japan,Korea, Norway, USA: Nami Otsuki)

 論文 学習機関別に見た日本の生涯学習の特徴
 −「女性の学習関心と学習行動に関する国際比較調査」から−:藤本 隆史
 (Characteristics of Lifelong Learning at Learning Institutions in Japan: Survey Results form "International Comparative Researchon Women's Learning Needs and Practice": Takashi Fujimoto)

テーマ論文(ARTICLES)
 論文 エンパワーメントに見るジェンダー平等と公正
 −対話の実現に向けて−:久保田真弓
 (Gender Equality and Equity for Empowerment:To Facilitate a Dialogue between Women and Men: Mayumi Kubota)

 論文 男性のエンパワーメント?
 −社会経済的変化と男性の「危機」−:多賀 太
 (Men's Empowerment?: Socio-economic Changes and Male "Crises": Futoshi Taga)

 実践事例報告 再就職準備講座ルトラヴァイエの実践
 −困難な状況にある女性の自己決定を支える−:小園 弥生
 (Retravailler Workshops to Prepare for Reemployment:Providing Support for the self-determination of Women in Difficult Circumstances: Yayoi Kozono)

 実践事例報告 男女共同参画からみた男性問題
 −エンパワメントのための生涯学習の実践事例−:中村 彰
 (Men's Issues from the Perspective of Gender Equality: Case Studies of Empowerment Through Lifelong Study: Akira Nakamura)

 コラム 参加型・機能的識字学習と女性の自立
 −パキスタンの場合−:國信 潤子
 (COLUMN Women's Autonomy and Participatory Learning of Functional Literacy: Acase from Pakistan: Junko Kuninobu)

投稿論文(ARTICLES)
 論文 農村における女性起業の経営的性格と課題:三原 育子
 (The Character and Issues of Rural Women-owned Business Management: Ikuko Mihara)

 論文 婦人保護施設の存在意義と今後
 −利用者の変化をとおして−: 武藤 裕子
 (The Significance of the Existence of Facilities for Women in Need of Protection and Future Trends: From the Perspective of Changes in User's Characteristics : Yuko Muto)

 論文 関東大震災と廃娼運動
 日本キリスト教婦人矯風会の活動を中心に:楊 善英
 (The Great Kanto Earthquake of 1923 and the Movement Against Licensed Prostitution: The Activities of the Japan Women's Christian Temperance Union: Sunyoung Yang)

 実践事例報告 地域社会における女性のエンパワーメント
  −鶴ヶ島市ひまわり会の実践記録から−:中野波津巳
 (The Empowerment of Women in the Local Community: The Himawarikai in Tsurugashima City: Hatsumi Nakano)

 研究ノート 祖父母が営む世代間関係をどうとらえるか
  −「個人的選好」としての側面への着目−:小野寺理佳
 (NOTES A Discussion on How Grandparents Build Intergenerational Relationships: Rika Onodera)

国立女性教育会館調査研究事業(RESEARCH OF THE NATIONAL WOMEN'SECUCATION CENTER OF JAPAN)
 論文 国立女性教育会館「女性関連施設職員のための研修プログラム」の分析
 女性関連施設職員のための男女共同参画学習プログラム開発分科会
 (An Analysis of Training Programs for Workers at Women's Facilities in National Women's Education Center of Japan: Working Group for the Development of Training Programs for Workers at Women's Facilities)

 論文 女性情報ポータル再構築のための現状分析と機能仕様の設計
:安達 一寿・青木 玲子・尼川 洋子・大西 祥世・森 未知
 (The Analysis of the Present State of Women's Information Services and the Planning for Reconstructing the Women's Information Portal Site: Kazuhisa Adachi, Reiko Aoki, Yoko Amakawa, Sachiyo Onishi, and Michi Mori)

 コラム ヌエック事業における女性のエンパワーメント支援への取り組み:高橋 由紀
 (COLUMN An Effort for Empoerment of Women by National Women's Education Center of Japan: Yuki Takahashi)

書評(BOOK REVIEWS)
  海妻 径子『近代日本の父性論とジェンダー・ポリティクス』:井上 輝子
 (Keiko Kaizuma, Fatherhoods and Gender Politics in Modern Japan: Teruko Inoue)

 宮本みち子『ポスト青年期と親子戦略:大人になる意味と形の変容』:田淵 六郎
 (Michiko Miyamoto, Post Adolescence and Strategy of Parentage: The Meanings of Becoming an Adult and the Transfiguration of the Form: Rokurou Tabuchi)

 国立教育政策研究所編『メディア・リテラシーへの招待:生涯学習社会を生きる』:小玉美意子
 (Ntional Institute for Educational Policy Research of Japan ed, An Invitation for Media Literacy: Miiko Kodama)

SUMMARIES
募集要項・投稿規定・執筆要項
査読委員一覧
編集後記

  トップへ


国立女性教育会館研究紀要 第8号目次
KENKYU KIYO
(Journal of the National Women's Education Center of Japan 2004 Vol.8)

テーマ:変わりゆく「家族」と次代再生産(Changing 'Families' and Reproduction of the Next Generation)

テーマ論文
 論文 文化の改革としての次世代再生産:丸山 茂
 (Reproducitive Issues under the Reconstruction of the Family Metaphors: Shigeru Maruyama)

 論文 平等な子育てに向かって −“夫婦で育児”の四類型−:舩橋 惠子
 (Towards Equal Parenthood: 4 Types of 'Parenting Together': Keiko Funabashi)

 実践事例報告 母親たちの子育て支援 −自助から共助へ−:有北 いくこ
 (Mother's Parenting Support: from Self-help to Mutual Aid: Ikuko Arikita)

 実践事例報告 子どもの虐待をなくすために −親のSOS に耳を傾けて−:佐野 育子
 (Doing A way with Child Abuse: Heeding the Parents' Calls for Help: Ikuko Sano)

 コラム 少子化社会対策を成功させる条件について考える:門脇 厚司
 (COLUMN Thinking about the Condition of Successful Measures to Counteract the Falling Birthrate Society: Atsushi Kadowaki)

投稿論文
 論文 育児支援者の動機付けに見る地域型育児支援の展望:山下亜紀子
 (The Potentiality for Community Childcare: An Analysis of the Motivation of Supporting Organization Members: Akiko Yamashita)

 論文 パリにおける「住み込み乳母」(1865-1914): 松田 祐子
 (The Live-in Nurses in Paris (1865-1914): Yuko Matsuda)

 論文 女性雑誌『VERY』にみる幸福な専業主婦像:石崎 裕子
 (The Image of the "happy" Housewife as Portrayed in the Women's Magazine VERY: Yuko Ishizaki)

 論文 セクシュアリティ中心主義への問い −キャサリン・A・マッキノン理論の検討−:南茂由利子
 (Questioning the Sexuality-centered Approach: A Study of Catharine A. MacKinnon's Teory: Yuriko Nammo)

国立女性教育会館調査研究事業
 論文 ジェンダー統計に関する調査研究:天野 晴子
 (Research Study on Gender Statistics : Haruko Amano)

 論文 女性情報のグローバルなネットワークをめざして −女性情報によるエンパワーメント戦略の展望と提言−:尼川 洋子
 (Towards a Global Network of Women's Information: Prospects and Proposals for Empowerment Strategies Using Information for Women: Yoko Amakawa)

収録
 平成15年度ヌエック公開シンポジウム
 「日韓女性の生涯学習/平生学習 −自己実現と社会参画のために−」:キム・ジェイン/クァク・サングン/ヤン・エギョン/原ひろ子/伊藤眞知子/高橋 由紀/渡邊 洋子/チョン・セファ
 (NWEC open Symposium 2003: Japan-Korean Joint Symposium on Women's Lifelong Learning towards Self-development and Social Participation: Jae-in Kim, Samgeun Kwak, Ai-Gyung Yang, Hiroko Hara, Machiko Ito, Yuki Takahashi, Yoko Watanabe, Sei-Wha Chung)

書評
 マーサ・A・ファインマン 『家族、積みすぎた方舟―ポスト平等主義のフェミニズム法理論』:永井 暁子
 (Martha Albertson Fineman, The Neutered Mother, The Sexual Family and Other Twentieth Century Tragedies: Akiko Nagai)

 藤田 英典『家族とジェンダー―教育と社会の構成原理』:岩上 真珠
 (Hidenori Fujita, Family and Gender: Mami Iwagami)

 松井 やより『愛と怒り闘う勇気―女性ジャーナリストいのちの記録』:松本侑壬子
 (Yayori Matsui, Love and Anger, Courage to Fight: A Life of a Woman Journalist: Yumiko Matsumoto)

SUMMARIES
募集要項・投稿規定・執筆要項
査読委員一覧
編集後記

  トップへ


国立女性教育会館研究紀要 第7号目次
KENKYU KIYO
(Journal of the National Women's Education Center of Japan 2003 Vol.7)

テーマ:雇用・福祉・ジェンダー(Employment, Welfare and Gender)

テーマ論文
 論文 非正社員と正社員の賃金格差の納得性に関する分析:永瀬 伸子
 (The Wage Gap between Standard and Non-standard Employees:Where is the Discontent?: Nobuko Nagase)

 論文 高齢期における多様な働き方とアンペイド・ワークへの評価  −男性定年退職者の分析−:前田 信彦
 (Diversifying Working Styles of the Retired Men and Their Attitudes Toward Unpaid Work: Nobuhiko Maeda)

 論文 高齢者介護とジェンダー:家族支援によるジェンダー変革の可能性:下夷 美幸
 (Caring for the Elderly and Gender: Family Support Systems May Bring About Changes in Unequal Gender Relations: Miyuki Shimoebisu)

投稿論文
 論文 ジェンダー・バイアスの多層性と近代の屈折 −島根の場合−:高橋 睦子/田邊和佳子
 (Multilayered Gender Bias as a Modern Refraction - the Case of Shimane -: Mutsuko Takahashi/Wakako Tanabe)

 論文 公的年金制度の変遷 −ジェンダー視点からの再考:田宮 遊子
 (The Transformation of the Public Pension System in Japan: Rethinking from a Gender Perspective: Yuko Tamiya)

 論文 現代エジプトのファトワーにみるジェンダー意識と法文化:婚姻と姦通を中心に:嶺崎 寛子
 (Gender Consciousness and Legal Culture as Reflected in the Fatwa of Contemporary Egypt: Focusing on Marriage and Adultery: Hiroko Minesaki)

 実践事例研究 「途上国」における「女性運動」の諸相  −ネパールを事例にして−:佐野麻由子
 (The Diversity of Women's Movements in Developing Countries: The Example of Nepal: Mayuko Sano)

国立女性教育会館調査研究事業
 論文 「高等教育機関における女性学・ジェンダー論関係科目に関する調査」(第10回)−教員調査(科目調査)記述回答の整理から:内藤 和美
 (Tenth Survey on Courses Related to Women's Studies and Gender Theory in  Institutions of Higher Education in Japan (Survey on Curricula): Kazumi Naito)

 調査研究報告 子育てネットワーク等子育て支援団体についての情報提供の在り方に関する調査研究:江口 愛子/森 未知
 (A Survey of Information Sources for Parenting Support Systems Including Childcare Networks and Support Organizations: Aiko Eguchi/Michi Mori)

収録
 ヌエック公開シンポジウム
  「女性情報を有効に使うために −女性情報シソーラスの開発と活用」:江口 愛子/森 未知/尼川 洋子/橋本ヒロ子/安達 一寿/堀 久美
 (NWEC open Symposium Making the Best Use of the Women's Information: Development and Effective Use of the Women's Information Thesaurus: Aiko Eguchi/Michi Mori/ Yoko Amakawa/Hiroko Hashimoto/Kazuhisa Adachi/Kumi Hori)

書評
 荻野 美穂『ジェンダー化される身体』:中山まき子
 (Gendering the Body, Miho Ogino: Makiko Nakayama)

 横山 文野『戦後日本の女性政策』:伊藤 セツ
 (Gender Policy of Post-war Japan, Fumino Yokoyama: Setsu Ito)

 宮坂 広作『生涯学習の創造−理論と実践−』:上村千賀子
 (Creation of Life-long Learning: Theory and Practice, Kosaku Miyasaka: ChikakoUemura)

 真橋美智子『「子育て」の教育論−日本の家庭における女性役割の変化を問う−』:天野 寛子
 (Educational Theory of "Child Rearning" - Questioning the Change in the Domestic  Role of Women, Michiko Mabashi: Hiroko Amano)

本の紹介
 井上 輝子・上野千鶴子・江原由美子・大沢 真理・加納実紀代編『岩波 女性学事典』:門脇 厚司
 (Iwanami Dictionary of Womens's Studies, Teruko Inoue, Chizuko Ueno,Yumiko Ehara, Mari Osawa and Mikiyo Kanou, eds.: Atsushi Kadowaki)

SUMMARIES
執筆要項
査読委員一覧
編集後記

  トップへ


国立女性教育会館研究紀要 第6号目次

テーマ:男女共同参画社会と学びの創造

テーマ論文
 論文 男女共同参画社会の形成に向けた学び:村松 泰子

 論文 学びの共同体の系譜 −フェミニズムとのクロスロード:佐藤  学

 論文 すべての人に教育を、ユネスコのジェンダー平等教育への取り組み:菅野 琴

 論文 スウェーデンに学ぶ生涯学習社会:神野 直彦

投稿論文
 論文 「ギャル系」が意味するもの:〈女子高生〉をめぐるメディア環境と思春期女子のセルフイメージについて:佐藤(佐久間)りか

 論文 女性の自己決定とエンタイトルメント概念:高原 幸子

 実践事例研究 American Women Who Created their Own Educational Space:A Case Study of "Women & Children First" in Chicago:小野坂順子

 実践事例研究 学びと実践、政策提言から「男女共同参画社会」の創造へ 〜女性の自立を目指すNPOの事例をとおして〜:渋谷 典子

国立女性教育会館調査研究事業
 論文 「高等教育機関における女性学・ジェンダー論関係科目に関する調査」(第10回)の概要と課題:舘かおる

 調査研究報告 高齢社会に向けての男女共同参画学習に関する調査研究:高橋 由紀

収録
 ヌエック公開シンポジウム
  「男女共同参画−はじめの一歩を家庭から」:中野 洋恵/大日向雅美/馬居 政幸/坂田 正俊/諸橋 泰樹/山本 慶裕

書評
 小川 眞里子『フェミニズムと科学/技術』:加藤万里子

 森田 ゆり『ドメスティック・バイオレンス−愛が暴力に変わるとき』:戒能 民江

 下村 美恵子『女性問題を学ぶ−ある自治体のこころみから』:学びを行動にうつす女たちの会 『ジェンダーフリーを共同で学ぶ−実践につなぐ講座の記録』:槙村 久子

 内山 秀夫・香内 信子編『與謝野晶子評論著作集1〜22巻』:田川 建三

SUMMARIES
募集要項・投稿規定・執筆要項
査読委員一覧
編集後記

  トップへ


国立女性教育会館研究紀要 第5号目次

テーマ:21世紀の家族と子ども

テーマ論文
 論文 家族生活の変動と21世紀の家族:中川 清

 論文 途上国の人口問題とジェンダー:早瀬 保子

 論文 比較視点から見る日本の子どもの関係性の「危機」:恒吉 僚子

 論文 子どもとメディア ―乳児期早期からのテレビ・ビデオ接触の問題点と臨床的保育活動の有効性―:土谷みち子

 論文 子どもと暴力:五十嵐二葉

投稿論文
 論文 韓国の大学生の意識調査から見る性別役割分業の維持メカニズム ―「経済的責任者としての夫」という役割意識―:李 媛

 論文 肖像から偶像へ−崇拝されるドリアン・グレイ:河野 智子

 論文 生産労働の外国人女性と高卒女子無業者 ―ジェンダー・エスニシティによる職務階層秩序形成の可能性―:筒井 美紀

 論文 戦後女性公立小学校長第一号の登用と役割受容 ―40都道府県68人の分析をとおして―:高野 良子

 実践事例研究 女性センター情報ライブラリーにおける地域ネットワークの現状:木下みゆき

国立女性教育会館調査研究事業
 論文 メンバーのサークルの関わり方とサークル活動への評価 ― 子育てサークル活性化のために―:結城 恵

 論文 エクアドルの先住民二言語教育と女性:江原 裕美

収録
 平成12年度ヌエック(国立女性教育会館)公開シンポジウム
  「少子化社会の子育てのゆくえ −広がる子育てサークル」:結城  恵/汐見 稔幸/田嶋 昭子/鈴木 玲子

 男女共同参画週間記念公開講演会
  「ゆたかな高齢期をつくる−向老期をともに生き、ともに学ぶ−」:安達 正嗣/新井 茂光/伊藤眞知子/内山 早苗/葛原 生子/堀 薫夫

書評
 塩田 咲子『日本の社会政策とジェンダー』:渋谷 敦司

 李 小江『女に向かって−中国女性学をひらく−』:藤枝 澪子

 西川 祐子『近代国家と家族モデル』:栗原 るみ

 亀田温子・舘かおる編著『学校をジェンダー・フリーに』:堀内かおる

SUMMARIES
募集要項
査読委員一覧
編集後記

  トップへ


国立婦人教育会館研究紀要 第4号目次

テーマ:女性と人権

テーマ論文
 論文 女性と人権―「人権の世紀」を拓く課題―:辻村みよ子

 論文 女性の人権としてのリプロダクティブ・ヘルス/ライツ:柘植あづみ

 論文 男性にとってのリプロダクティブ・ヘルス/ライツ ―<産ませる性>の義務と権利―:沼崎 一郎

 論文 「家族」のなかの人権―高齢者介護問題を中心として―:春日キスヨ

 論文 女性の人権と教育―女性問題学習における主体形成と自己表現―:木村 涼子

投稿論文
 論文 「人権」を論ずることと「女性の人権」を論ずることの間隙 ―講義「人権」をめぐる考察―:根岸 泰子

 論文 刑事司法とジェンダー:宮園 久栄

 論文 加害者のDV克服支援からの新たな視点 ―フェミニズムと“加害者臨床”の統合モデルに向けての試論―:草柳 和之

 研究ノート A Cross-Country Analysis of the Economic Impacts of Female Education:畑佐 伸英

国立婦人教育会館調査研究事業
 研究ノート 男女共同参画の視点に立った家庭教育推進方策に関する調査研究:中野 洋恵

 論文  生涯学習の現状と情報通信技術を利用した情報提供に関する調査研究:安達 一寿

収録
 ヌエック公開シンポジウム366  「開発におけるジェンダーとエンパワーメント」:目黒 依子/ゴビンド・ケルカー/アマリリス・トーレス/鈴木 陽子/清水 俊弘

書評
 御巫由美子『女性と政治』:山口みつ子

 リサ・ゴウ/鄭 暎恵『私という旅―ジェンダーとレイシズムを超えて―』:金 永子

 坂本辰朗『アメリカの女性大学:危機の構造』:ホーン川嶋 瑶子

SUMMARIES
募集要項
査読委員一覧
編集後記

  トップへ


国立婦人教育会館研究紀要 第3号目次

テーマ:ジェンダーと生涯学習

テーマ論文
 論文 ジェンダーと生涯学習 ―人権の視点からの女性のエンパワーメント課題― :金井 淑子

 論文 家庭教育とジェンダー―家族臨床の視点から見えてくること―:中釜 洋子

 論文 学校における男女平等教育―教育機会均等と家庭科―:朴木佳緒留

投稿論文
 論文 アルコール依存症と女性の関わり―妻のミーティング参加と「支え手」役割の変更―:石川由香里

 論文 女性の経済活動と女性観―カンボジア女性小売商の事例研究―:日下部京子

 研究ノート 育児初期の母親の養育意識・行動とサポート資源:加藤 道代

国立婦人教育会館調査研究事業
 研究ノート 0〜1歳の子どもを持つ母親の育児不安と育児情報に関する一考察375  ―平成9、10年度「高度情報化社会における新しい子育てネットワーク形成に関する実証的調査研究」より―:中野 洋恵

 調査研究報告 開発と女性に関する文化横断的調査研究―国際シンポジウムにおける成果公開― :伊藤眞知子

 調査研究報告 高等教育機関における女性学関連科目等の現況―平成8年度調査報告― :池田 淑子/宮沢 紀美

収録
 ヌエック公開シンポジウム
  子どもとおとなの居場所づくり―家庭を支える地域の教育力を考える―:天野 正子/清水 弘司/二瓶由美子/天野 秀昭

書評
 沢山美果子『出産と身体の近世』:田間 泰子

 井垣 章二『児童虐待の家族と社会』―児童問題にみる20世紀―:吉廣紀代子

 矢口 悦子『イギリス成人教育の思想と制度』―背景としてのリベラリズムと責任団体制度―:小澤 周三

文献解題
 ベル・フックス著 清水 久美訳『ブラック・フェミニストの主張』―周縁から中心へ―:萩原 弘子

SUMMARIES
募集要項
編集後記

  トップへ


国立婦人教育会館研究紀要 第2号目次

テーマ:ジェンダーからみた家族

巻頭言
ジェンダーからみた家族:柏木 惠子

テーマ論文
論文 家族と暴力:戒能 民江

論文 福祉国家と家族:杉本貴代栄

投稿論文
 論文 Questioning Gender Through the Study of English in Japan:カイラン・ミックメーヒル

 論文 田子一民の「良夫良父主義」―大正期日本の父親論におけるジェンダー・ポリティクスと「ヘゲモニー」―:海妻 径子

 論文 <家族のきずな>とケアに関する一考察 ―全身性障害者の『語り』を読み解く―:土屋 葉

 論文 インフォーマル部門の女性労働と家族 ―インドネシア・中部ジャワの事例から―:嶋田 ミカ

 研究ノート 多重債務問題とジェンダー ―多重債務と貧困の女性化―:石黒由美子

 研究ノート 農村で女が「生活を書く」ということ ―1945〜1960年代の生活記録運動から―:辻 智子

国立婦人教育会館調査研究事業
 論文 家庭教育・生涯学習における遠隔講座への新教育メディアの適用:飯田 記子

 調査研究報告 都市化社会の進行と家庭、地域の教育機能に関する調査研究:矢口悦子、中野洋 恵

 調査研究報告 平成8年度・平成9年度文部省科学研究費補助金(国際学術研究) 「アジアにおける開発と女性に関する文化横断的調査研究」調査実施報告:伊藤眞知子

収録
 ヌエック公開シンポジウム
  I. ジェンダーの視点から統計を見る:伊藤 陽一、久場 嬉子、篠塚 英子
  II. 社会教育における女性学教育/学習の内容と方法:伊藤 公雄、井上 輝子、塩田 咲子

書評
 高橋和之ほか岩波講座『現代の法11 ジェンダーと法』:寺尾 美子

 牟田和恵『戦略としての家族』:小玉 亮子

 中西祐子『ジェンダー・トラック』:橋本 健二

SUMMARIES
募集要項
編集後記

  トップへ


国立婦人教育会館研究紀要 創刊号目次

テーマ:女性のエンパワーメント

創刊にあたって
 国立婦人教育会館の調査研究の内容と紀要発行の意義:国立婦人教育会館長 大野 曜

テーマ論文
 論文 エンパワーメントと女性の教育・学習 −国の婦人教育施策の系譜からみる−:志熊 敦子

 論文 開発・ジェンダー・エンパワーメント:村松 安子

投稿論文
 論文 Refreshing Beers and Caring Skin:The Construction of Gender in Japanese Television Commercials:合場 敬子,Raymond A. Jussaume Jr.

 論文 子どもの虐待のイメージと女性のエンパワーメントの可能性を探る:高橋佐知子

 論文 「部落出身」であると同時に「女性」であること −二人の被差別部落女性の口述生活史より−:玉井真理子

 実践事例研究 エンパワメントの思想に立った子育て支援:河合 容子

国立婦人教育会館調査研究事業
 論文 女性学教育・学習の課題と展望 −国立婦人教育会館“女性学講座”16年の軌跡より−:上村千賀子

 論文 男性対象のジェンダー講座の現状と課題:伊藤 公雄

 論文 日本におけるジェンダー統計 −現状、問題、克服の方向− 伊藤 陽一

 研究ノート 日本の女性政策と「開発と女性」(WID) −1975年以降の動向−:伊藤眞知子

 研究ノート 実践事例に見る学校・家庭・地域の連携論の検討:中野 洋恵

収録
 「アジア及び太平洋地域における女性政策と女性学」合評会:評者 岡澤 憲芙、伊藤 セツ

書評
 瀬地山 角「東アジアの家父長制−ジェンダーの比較社会学」:江原 由美子

 斎藤 学「家族という名の孤独」:落合恵美子

 マイラ&ディビッド・サドカー「女の子は学校でつくられる」を読む:賀谷 恵美子

SUMMARIES
募集要項

  トップへ

▲ ページの先頭へ