Top事業紹介事業平成27年度事業 › 「男女共同参画推進フォーラム」のご案内

「男女共同参画推進フォーラム」のご案内

平成27年度「男女共同参画推進フォーラム」は3日間のすべてのプログラムを成功裏に終えました。多数のご参加ありがとうございました。

フォーラムちらし(表) フォーラムちらし(裏)
以下の書類は、ダウンロードできます。
ちらし(両面).pdf
開催要項.pdf
ワークショップ一覧表.pdf
ワークショップメッセージ.pdf
パネル展示メッセージ.pdf
バス運行表

1.趣 旨   

 男女共同参画を推進する行政担当者、女性団体やNPOのリーダー及び大学や企業において組織内のダイバーシティや女性の活躍を推進する担当者等が一堂に会し、課題の共有と課題解決のための方策を探る研修を実施します。同時に、組織分野を越え、連携・協働して男女共同参画を推進するためのネットワーク形成を図ります。

2.テーマ 

 「一人ひとりの活躍が社会を創る」
 

3.日 程

 平成27年8月20日(木)〜8月22日(土)
 日程

4.主 催 及び 会 場   

 国立女性教育会館
  〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
    ★交通案内はこちらをご覧ください。
        

5.参加者   

 男女共同参画に関心のある方(行政、企業、大学、NPO等の組織において男女共同参画の推進に携わる方、並びに女性団体、女性/男女共同参画センター職員を含む)  1,000名

6. 内 容   

第1日 8月20日(木)(受付:12:15〜17:00 本館ロビー)

(1)開会 主催者あいさつ(講堂)      13:15 〜 13:30

(2)特別講演 「超成熟社会の鍵は“女性”」   13:30 〜 14:40
 保育所待機児童対策をはじめ、女性の活躍支援に精力的に取り組んでいる林市長に、女性活躍に掛ける思いと今後の展望についてご講義いただきます。
   講 師  林 文子 横浜市長
    
(3)ワークショップ1・パネル展示1      15:30 〜 17:30 
 全国から募集したワークショップとパネル展示を行います。

第2日 8月21日(金)(受付:9:00〜17:00 本館ロビー)

(4)ワークショップ2・パネル展示2      10:00 〜 12:00
 全国から募集したワークショップとパネル展示を行います。   

(5)シンポジウム 「北京世界女性会議−あの時、今、そしてこれから」 13:00 〜 15:00
      ※「北京+20NGOフォーラム実行委員会」の企画・協力プログラムです。
 第4回世界女性会議・北京会議(1995年)は、190か国の政府、3万人を超えるNGOが集う熱気あふれる大会でした。日本からも5,000人を超える女性たちが参加し、会議で採択された「行動網領」では、女性と貧困など12の重大問題領域の下、ジェンダー平等のための課題が設定されました。
 あれから20年・・・私たちは何を達成し、今なおどのような問題があるのでしょう?パネリストがそれぞれ専門の立場から検証し、これからの歩みについて提言します。
   パネリスト   林 陽子    国連女性差別撤廃条約委員会委員長
            坂東眞理子  学校法人昭和女子大学理事長
            船橋  邦子  北京JAC (世界女性会議ロビイングネットワーク)代表
            谷口真由美  大阪国際大学准教授
   コーディネーター  有馬真喜子  特定非営利活動法人国連ウイメン日本協会理事長

(6)ワークショップ3・パネル展示3   15:30 〜 17:30
 全国から募集したワークショップとパネル展示を行います。

(7)懇親会(本館食堂)                                    18:30 〜 20:00
   (参加費3,000円、要事前申込、立食形式)

第3日 8月22日(土)(受付:9:00〜14:30 本館ロビー)

(8)ワークショップ4・パネル展示4    10:00 〜 12:00
 全国から募集したワークショップとパネル展示を行います。
    
(9)映画 「人生、いろどり」上映会     13:00 〜 15:00
 過疎地に住む女性たちによる、いわゆる「葉っぱビジネス」の成功と苦労の実話をモデルとした映画を上映します。地域における男女共同参画の推進、コミュニティビジネスへの女性の参画、農村女性の経済的自立や女性のエンパワーメント、家族のあり方、リタイア後の生き方などについて考えます。

7. ワークショップについて

(1)趣旨
フォーラム期間中、会館及び一般公募による団体・個人が、男女共同参画、ダイバーシティ及び女性の活躍推進を目的とした日頃の取組や研究、教育、学習、実践活動の発表を行う場として、ワークショップ及びパネル展示を実施します。日程や内容などの詳細は、別紙ワークショップ一覧ワークショップメッセージ及びパネル展示メッセージをご参照ください。
    
(2)テーマ

「第3次男女共同参画基本計画」に示されている施策などを参考にした、以下8つの分野です。
   攴性のキャリア形成支援】
  ◆擺覿箸砲ける女性の活躍推進】
  【学校教育における男女共同参画】
  ぁ效棒にとっての男女共同参画】
  ァ攬汰粥Π多瓦斑暴共同参画】
  Α效楼荳遒蠅砲ける男女共同参画】
  А效暴共同参画センターの役割】
  ─攅餾歸連携】

(3)会館提供ワークショップについて
会館による研究・実践の成果報告や、関係機関・団体との共催によるワークショップを実施します。
|暴共同参画の視点に立つキャリア開発プログラムを考える  8月20日(木)15:30〜17:30
 このワークショップでは、NWECが開発したキャリア開発学習プログラムについて紹介するとともに、この学習を実践していく際にプログラム企画の基礎となるニーズ、課題の把握を研修修了者の報告・参加者のグループワーク等によって行います。地域における男女共同参画の推進と、男女共同参画の視点をもったキャリア開発に向けた学習プログラムの展開について考えます。
   講 師  神田 道子  東洋大学名誉教授、国立女性教育会館客員研究員
         亀田 温子  十文字学園女子大学人間生活学部教授
         松下 光恵  NPO法人男女共同参画フォーラムしずおか代表理事
   報告者  井上 智美  国立女性教育会館学習オーガナイザー養成研修1期生
         国立女性教育会館事業課職員
   ファシリテーター 西山恵美子  国立女性教育会館客員研究員

第59回国連婦人の地位委員会(CSW)報告会   8月21日(金)10:00〜12:00
 第59回国連婦人の地位委員会(以下、CSW)が、2015年3月9日から20日まで国連本部(ニューヨーク)で開催されました。「北京宣言・行動綱領及び第23回国連特別総会成果文書の実施に関する見直しと評価」を優先テーマとして、各国代表や国連の関係機関、NGO代表らによるステートメントの実施、大臣級円卓会合やパネル・ディスカッションが行われました。このワークショップでは、優先テーマに関する議論や、NGOが実施したサイド・イベント等について、CSW参加者がわかりやすく解説します。
   報告者  内閣府男女共同参画局
         厚生労働省
         西鍋 早葵  日本BPW連合会 2015CSWインターン
         渡辺 美穂  国立女性教育会館研究国際室研究員
   報告者兼コーディネーター  越智 方美  国立女性教育会館研究国際室専門職員

リレートーク「東北はいま〜男女共同参画の視点からの復興」  8月21日(金)15:30〜17:30
   ※復興庁男女共同参画班との共催プログラムです。
 震災直後から被災地の復興に取り組んできた女性たちが被災地の現状や課題を発信します。震災の経験と教訓を踏まえ、男女共同参画の視点による復興の必要性やノウハウを国内外に発信する取組について共有します。
   報告者  伊藤 怜子  NPO法人こそだてシップ理事長
          八木 純子  一般社団法人コミュニティスペースうみねこ代表
          遠藤 惠    NPO法人市民メディア・イコール副代表
          内閣府男女共同参画局

8.ワークショップ選定委員(敬称略) 

 募集ワークショップ(ワークショップの部、パネル展示の部)の選考と調整を行います。
   ・矢澤 澄子    元東京女子大学教授(企画委員長)
   ・犬塚 協太    静岡県立大学国際関係学部教授
   ・小山内世喜子  青森県男女共同参画センター「アピオあおもり」館長

9.参加申込日帰りまたは通い参加の方・受付について

宿泊申込みは締め切りました。多数のお申込みありがとうございました。

10.所要経費

 (1)参加費:無料
 (2)宿泊費:フォーラム開催期間中は、小学生以上1泊あたり1,000円
    ★未就学児は1名あたり1泊 500円。
 (3)食費:本館1階レストラン入口の券売機で食券を購入していただきます。
       朝食 7:00〜8:30 バイキング 870円
       昼食 11:30〜13:30 カフェテリア方式 700〜1000円
       夕食 18:00〜20:00 バイキング 1,080円
 (4)懇親会費:3,000円(8月21日(金)18:30〜20:00・立食形式,本館食堂)
    ★8月21日(金)夜は、懇親会で貸切のため通常営業は行いません。
    ★宿泊費及び懇親会費は、当日受付で集金いたします。     
   

11.託児(事前申込制、先着順)

 フォーラム期間中、おおむね2歳以上から学齢未満の幼児保育を実施します。
 ご希望の方は、8月10日(月)までに事業課・推進フォーラム担当(0493-62-6724)までご連絡ください(お預かりできるお子様の人数に限りがあります)。 

12.情報交換コーナー(場所:実技研修棟前通路)

 参加者の皆さまが、ご所属団体のパンフレットやチラシなどの資料や書籍などを自由に交換・販売するコーナーを設置しますので、ご利用ください。
 資料の運搬・陳列・金銭の取扱いなどは、各自の責任でお願いします。
  

13.送迎バス

 期間中、国立女性教育会館 本館前〜東武東上線 武蔵嵐山駅 東口間で無料送迎バスをピストン運行しますのでご利用ください。
  ★運行間隔は、武蔵嵐山駅への電車の到着にあわせ、1時間3〜4本程度です。
 

14.その他

 以下の点について、あらかじめご了承ください。
 (1)参加者同士の交流・情報交換の促進を目的とした場です。署名運動や行き過ぎた勧誘、募金等はご遠慮願います。
 (2)申込書等で得た個人情報については、事業実施のための連絡及び参加者の統計情報として使用いたします。なお、取り扱いには十分留意するとともに厳重に管理いたします。
 (3)期間中、職員が撮影した写真を事業記録や広報のために使用することがあります。


以下の書類は、ダウンロードできます。
ちらし(両面).pdf
開催要項.pdf
ワークショップ一覧.pdf
ワークショップメッセージ.pdf
パネル展示メッセージ.pdf
バス運行表

▲ ページの先頭へ