Top事業紹介事業平成26年度事業 › 「男女共同参画推進フォーラム」募集

「男女共同参画推進フォーラム」募集

日帰り参加の方は、事前申込は必要ありません。参加当日、受付でお申込みください。

宿泊申込を締め切りました。多数のお申込みありがとうございました。

フォーラムちらし表
フォーラムちらし(表面)は、こちらからダウンロードできます。

フォーラムちらし裏
フォーラムちらし(裏面)は、こちらからダウンロードできます。

1.趣 旨   

 男女共同参画を推進する行政担当者、女性団体やNPOのリーダー及び大学や企業において組織内のダイバーシティ、女性の活躍を推進する担当者等が一堂に会し、課題の共有と課題解決のための方策を探る研修を実施します。同時に、組織分野を越え、連携・協働して男女共同参画を推進するためのネットワーク形成を図ります。

2.テーマ 

「ひとりひとりの活躍が社会を創る」
 

3.主 催  

独立行政法人 国立女性教育会館

4.会 場   

国立女性教育会館
  〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
        

5.期 日   

平成26年8月29日(金)〜8月31日(日) 

6.参加者   

男女共同参画に関心のある方(行政、企業、大学、NPO等の組織において男女共同参画の推進に携わる方、ならびに女性団体、女性/男女共同参画センター職員を含む)  1,000名

7. 日 程

フォーラム日程

8. 内 容   

第1日 8月29日(金)(受付:12:00〜17:00 本館ロビー)

(1)開会 主催者あいさつ(講堂)                 13:00 〜 13:10

(2)女性リーダー会議「女性リーダーが社会をどう変えるか」(講堂)
                                     13:15 〜 15:15 
 企業、行政、NPO団体など、様々な分野で活躍している女性リーダーの方々にご登壇いただき、これからの女性リーダーのあり方や、様々な分野での女性の活躍を推進していく上での現状、課題などについて、パネルディスカッション形式で議論を深めます。
  パネリスト
     宗片恵美子  特定非営利活動法人イコールネット仙台代表理事
     伊藤 麻美  日本電鍍工業株式会社代表取締役
     清原 慶子  三鷹市長       
  コーディネーター
     麓 幸子    日経BPヒット総合研究所長・執行役員
    
(3)ワークショップ1                         15:45 〜 17:45 
 全国から募集したワークショップを行います。

※18:30 〜 21:00、講堂で、女性アーカイブセンター企画展示「映画と歩む」連動企画・松井久子監督トーク:映画「レオニー」海外版上映会&新作予告編上映を行います。
詳しくはこちらをご覧ください。

第2日 8月30日(土)(受付:9:00〜17:00 本館ロビー)

(4)ワークショップ2                         10:00 〜 12:00
 会館提供ワークショップと全国から募集したワークショップを行います。   

【会館提供ワークショップ】第58回国連婦人の地位委員会(CSW)報告会(110研修室)

 国連婦人の地位委員会(以下、CSW)は昭和21年(1946)年に国連経済社会理事会の機能委員会のひとつとして設置されました。CSWの年次総会は、女性の地位向上に関連するテーマを決め、国連本部(ニューヨーク)で開催されています。CSWの成果である合意結論や決議は、日本を含む各国の男女共同参画政策に多大な影響を与えてきました。
 第58回CSWは、2014年3月10日から21日まで「女性及び女児に関するミレニアム開発目標の実施における課題と成果」を優先テーマとして開催されました。このワークショップでは、優先テーマに関する議論や、日本政府が共同提案した「自然災害におけるジェンダー平等と女性のエンパワーメント」の決議、NGOが実施したサイド・イベント等について、CSW参加者がわかりやすく解説します。

  コーディネーター兼報告者
    越智 方美  国立女性教育会館研究国際室専門職員
  報告者
    田中 正子  JAWW(日本女性監視機構)代表
    織田由紀子  北九州サスティナビリティ研究所研究員
    島田 悦子  国立女性教育会館総務課専門官
 
(5)特別講演「女性の活躍促進と社会の活性化」(講堂)   13:15 〜 14:45

 少子高齢化という社会構造の大きな変化が進み、既存の価値観や社会システムの見直しがせまられる中、成長の原動力として、女性の活躍への期待が高まっています。本プログラムでは、厚生労働省の村木厚子事務次官をお招きして、男女共同参画社会の実現に向けて、女性の活躍を促進し、活力のある社会を創出していく上で、何が求められているのかご講演いただきます。

  講師 
    村木 厚子  厚生労働事務次官    

(6)ワークショップ3                         15:30 〜 17:30
会館提供ワークショップと全国から募集したワークショップを行います。

【会館提供ワークショップ】地域における男女共同参画の推進―実践事例に学ぶ―(110研修室)
 
 このワークショップでは、NWECでの学習を生かし地域での実践につなげた事例や行政との協働、団体・組織の活性化など、地域における男女共同参画を推進するために日頃から実践活動を行っている団体による事例報告を、「交流学習会議」終了後に設立された「男女共同参画学習協議会」との協働で行います。
 全国各地の先進的な活動報告を通して、地域における男女共同参画の課題解決に向けた具体的な方策を考えます。

  報告者
    伴辺 久子  苫小牧男女平等参画推進協議会事務局長
    桑田 悦子  “きらめきRitto”実行委員会
    小板橋まさ子 “きらめきRitto”実行委員会
    杉村 洋子  一般社団法人大学女性協会岡山支部
    大倉 美恵  一般社団法人大学女性協会岡山支部
  コメンテーター
    高橋 雅子  男女共同参画学習協議会共同代表
    竹中 佳子  男女共同参画学習協議会
    真邉 和美  男女共同参画学習協議会
  コーディネーター
    久門 正子  男女共同参画学習協議会
  進 行 
    小林千枝子  国立女性教育会館調整主幹

(7)懇親会(於:本館食堂)                     18:30 〜 20:00
    (参加費3,000円、要事前申込、立食形式)

第3日 8月31日(日)(受付:9:00〜11:30 本館ロビー)

(8)ワークショップ4                         10:00 〜 12:00
  全国から募集したワークショップを行います。    

★ポスター展示(場所:本館ロビー)
 フォーラム期間中、全国から募集した団体・グループによる展示発表を行います。
    

9. ワークショップ・ポスター展示のテーマ

「第3次男女共同参画基本計画」に示されている施策を参考に、以下7つのテーマを設定し、ワークショップとポスター展示を募集しました。
 攴性のキャリア形成支援】
◆擺覿箸砲ける女性の活躍推進】
【大学における女性の活躍推進】
ぁ效棒にとっての男女共同参画】
ァ攬汰粥Π多瓦斑暴共同参画】
Α效暴共同参画の地域づくり】
А效暴共同参画センターの役割】

10.企画委員(五十音順・敬称略) 

  本フォーラムの企画などを会館と協働で行います。
   ・小山内世喜子  アピオあおもり 青森県男女共同参画センター副館長
   ・根岸 茂文    一般社団法人埼玉県経営者協会専務理事・事務局長
   ・森 和江      埼玉県地域婦人会連合会副会長
   ・矢澤 澄子    元東京女子大学教授(企画委員長)

11.参加申込・受付について

 事前の申込はご不要です。当日直接、本館1階の受付にお越しください。

★なお、会館への宿泊を希望される場合は、国立女性教育会館ホームページより、または宿泊申込書(別紙)に必要事項をご記入の上、国立女性教育会館事業課宛に郵送してください。 

宿泊申込を締め切りました。多数のお申込みありがとうございました。

*部屋割の都合上、他の参加者の方と相部屋となりますことをあらかじめご了承ください。

12.所要経費

(1)参加費:無料
(2)宿泊費:フォーラム開催期間中は、小学生以上1泊あたり1,000円
    ★未就学児は1名あたり1泊500円。
(3)懇親会費:3,000円(8/30 18:30〜20:00、立食形式、本館食堂)
(4)食費:1食あたり700円〜1,000円程度
    ★カフェテリア方式の食堂(本館1階)をご利用ください。
    ★8月30日(土)夜は、懇親会で貸切のため通常営業は行いません。     
   

13.保育(事前申込制、先着順)

 フォーラム期間中、おおむね2歳以上から学齢未満の幼児保育を実施します。
 ご希望の場合は、8月18(月)までに事業課・小嶋(0493-62-6725)までご連絡ください(お預かりすることのできるお子様の人数に限りがあります)。 
 

14.情報交換コーナー(場所:実技研修棟前通路)

 参加者の皆さまが、ご所属団体のパンフレットやチラシなどの資料や書籍などを自由に交換・販売するコーナーを設置しますので、ご利用ください。
 資料の運搬、陳列、金銭の取扱いなどは、各自の責任でお願いします。
  

15.送迎バス

 期間中、国立女性教育会館本館前〜東武東上線武蔵嵐山駅東口間で無料送迎バスをピストン運行しますのでご利用ください。
   ★運行間隔は、武蔵嵐山駅への電車の到着にあわせ、1時間3〜4本程度です。
 

16.荷物の発送

 荷物を事前に会館まで宅配便で送る場合、宛名は国立女性教育会館フロント気付「団体名」としてください。当日、本館フロントで引き取りください。
 

17.その他

 以下の点、あらかじめご了承ください。
 〇臆端堝瓜里慮鯲・情報交換の促進を目的とした場ですので、署名運動や行き過ぎた勧誘、募金等はご遠慮願います。
 期間中、職員が撮影した写真を事業記録や広報のために使用することがあります。

※「開催要項」と「ワークショップ・ポスター展示一覧」をご希望の方は以下からダウンロードしてください。
開催要項(PDF)
ワークショップ・ポスター展示一覧(PDF)

▲ ページの先頭へ