Top事業紹介事業平成26年度事業 › 「男女共同参画推進フォーラム」ワークショップ募集

「男女共同参画推進フォーラム」ワークショップ募集

6月9日(月)17:00をもって募集を締め切らせていただきました。多数のご応募ありがとうございました。

 国立女性教育会館では、平成26 年度「男女共同参画推進フォーラム」を実施いたします。実施にあたり、以下のとおり、日頃の取組や活動等を発表していただけるワークショップを募集します。
 

1.趣旨

 男女共同参画を推進する行政担当者、女性団体やNPOのリーダー及び大学や企業において組織内のダイバーシティや女性の活躍を推進する担当者等が一堂に会し、課題の共有と課題解決のための方策を探る研修を実施します。同時に、組織分野を越え、連携・協働して男女共同参画を推進するためのネットワーク形成を図ります。

2.日程  平成26年8月29 (金)〜31日(日)

フォーラムワークショップ日程表

3.会場

国立女性教育会館 
埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地(最寄駅:東武東上線武蔵嵐山駅)

4.ワークショップ募集件数:30件

5.応募要件

 企業、大学、行政、NPO団体等において男女共同参画、ダイバーシティ及び女性の活躍推進に携わる組織や部署、ならびに、これらに関する研究、教育、学習、実践を行っている団体・グループや個人。(選考にあたっては団体の応募を優先します)
 応募に際して、以下の点あらかじめご了承ください。
・裁判など係争中の案件に関わっている場合や営利目的及び特定の政党・宗教を支持又は反対するものは、対象外とします。
・応募多数等の理由でお断りする場合もございます。
・調整の結果、実施日時や会場は、ご希望に添えない場合があります。
・会場準備、後片付け等は、すべて団体・グループで行っていただきます。
・事業記録や広報のため、ワークショップ実施中の様子を職員が撮影いたします。

6.ワークショップのテーマ

 ワークショップは、男女共同参画、ダイバーシティ及び女性の活躍推進を目的とした日頃の取組や研究、教育、学習、実践活動の発表の場として、「第3次男女共同参画基本計画」を参考に設定した以下のテーマに関する内容にしてください。

テーマ 攴性のキャリア形成支援】
(例)政策・方針決定過程への女性の参画、社会活動キャリアに対する評価、女性の能力開発への支援、女性のライフプランニング支援、女性起業家への支援 等

テーマ◆擺覿箸砲ける女性の活躍推進】
(例)方針決定過程への女性の参画、雇用等における機会の均等と待遇の確保、継続就業、再就職、女性管理職への支援、ポジティブ・アクションの推進 等

テーマ【大学における男女共同参画】
(例)大学における男女共同参画の推進、科学技術・学術分野への女性の参画、女性研究者の参画拡大に向けた環境づくり、女子学生・生徒の理工系分野への進学促進 等

テーマぁ效棒にとっての男女共同参画】
(例)男性の男女共同参画に対する理解の促進、企業における男性管理職等への意識啓発、仕事と生活の調和のとれた働き方の推進、男性の家庭・地域への参画、男性に対する相談体制の確立 等

テーマァ攬汰粥Π多瓦斑暴共同参画】
(例)女性に対する暴力の根絶、人身取引、災害・震災・復興への取組、生活上の困難に直面する男女への支援、高齢者、障害者、外国人等が安心して暮らせる環境の整備、国際規範の尊重 等

テーマΑ效暴共同参画の地域づくり】
(例)地域における男女共同参画の推進、地域経済の活性化とコミュニティビジネスにおける女性の参画、地域や分野を横断するネットワークづくり、子ども・子育てにおける地域の役割、農山漁村女性のエンパワーメント、環境分野における女性の参画、災害からの復興と地域づくり 等

テーマА效暴共同参画センターの役割】
(例)男女共同参画意識づくりに向けた取組、女性関連施設・社会教育施設の機能の充実、団体・グループ・NPO活動の支援、指定管理者制度のあり方、男女共同参画情報の発信・活用、女性関連施設における危機管理 等

7.申込み

 別紙1「ワークショップ申込書」および別紙2「ワークショップ運営者名簿」に必要事項を記入の上、E-mailまたは 郵送で、下記へお申し込みください。
 E-mailの場合は、別紙1・別紙2を国立女性教育会館ホームページからダウンロードの上、添付ファイルにてprogdiv@nwec.jpまで送信してください。
 なお、メール送信時の件名は「ワークショップ申込み(団体名等)」としてください。

別紙1「フォーラムワークショップ申込書」はこちらからダウンロードしてください。
別紙2「フォーラムワークショップ運営者名簿」はこちらからダウンロードしてください。

8.締め切り:平成26年6月9日(月)午後5時必着

9.決定のお知らせ

 実施していただくワークショップは、応募要件や会場・日程等を考慮し、外部の有識者による企画委員会で調整の上、平成26年7月中旬までに、書面にてお知らせいたします。これ以前の実施の可否に関するお問い合わせはご遠慮ください。

▲ ページの先頭へ