Top事業紹介事業平成25年度事業 › 「男女共同参画推進フォーラム」

「男女共同参画推進フォーラム」

※参加申込: 事前の申込はご不要です。当日、直接受付にお越しください。


宿泊申込は締め切りました。多数のお申込みをいただきありがとうございました。

基調講演
基調講演チラシのダウンロード

フォーラムチラシ
男女共同参画推進フォーラムチラシのダウンロード

平成25年度「男女共同参画推進フォーラム」開催要項
開催要項別紙:ワークショップについて
ワークショップ一覧
ポスター展示参加者へのメッセージ
ワークショップ参加者へのメッセージ

「男女共同参画推進フォーラム」開催要項

1.趣旨   
男女共同参画を推進する行政担当者、女性団体やNPOのリーダー及び大学や企業において組織内のダイバーシティ、女性の活躍を推進する担当者等が一堂に会し、課題の共有と課題解決のための方策を探る研修を実施します。同時に、組織分野を越え、連携・協働して男女共同参画を推進するためのネットワーク形成を図ります。

2.主題 
「女性の活躍で日本を元気に」
 
3.主催  
独立行政法人 国立女性教育会館

4.会場   
国立女性教育会館
〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
        
5.期日   
平成25年8月22日(木)〜8月24日(土) 

6.対象   
行政、企業、大学、NPO等の組織において男女共同参画の推進に携わる方、ならびに、女性団体、女性/男女共同参画センター職員、その他男女共同参画に関心のある方  1,000名

7.日程
フォーラムスケジュール

*当事業は、「第3次男女共同参画基本計画」における「第14分野 地域、防災・環境その他の分野における男女共同参画の推進」の「1地域における男女共同参画推進の基盤づくり」に位置づけられている事業です。

8.内容  
 
第1日目 8月22日(木)
(1)開会 主催者あいさつ                     13:00 〜 13:10

(2)「女性の活躍推進と社会の活性化」             13:15 〜 14:45
  基調講演:佐々木 常夫  株式会社東レ経営研究所特別顧問            
    
(3)ワークショップ1                         15:30 〜 17:30 
   会館提供ワークショップと全国から募集したワークショップを行います。

(4)情報交換会                           19:00 〜 20:00
   今後の連携・協働に向けた参加者同士のネットワークづくりの場です。


第2日目 8月23日(金)
(5)ワークショップ2                         10:00 〜 12:00
会館提供ワークショップと全国から募集したワークショップを行います。
 
(6)「女性の活躍推進と社会の活性化」             13:00 〜 15:00
パネルディスカッション
パネリスト(五十音順、敬称略)
 佐藤 良子  立川市大山自治会 会長 
 藻谷 浩介  株式会社日本総合研究所 調査部 主席研究員 
 森川 典子  ボッシュ株式会社 取締役副社長 
コーディネーター
 野村 浩子  日経BP社 日経マネー編集部 副編集長
           
(7)ワークショップ3          15:30 〜 17:30
会館提供ワークショップと全国から募集したワークショップを行います。

(8)交流会                               18:30 〜 20:00
夕食を兼ねた交流会(参加費3,000円、要事前申込、立食形式)


第3日目 8月24日(土)
(9)ワークショップ4                            10:00 〜 12:00
全国から募集したワークショップと会館提供ワークショップを行います。

(10)「女性リーダーらんざん会議」(於:研修棟2階 大会議室)  13:00 〜 15:00
パネリスト(五十音順、敬称略):
 天野 正子  東京家政学院大学 学長
 生越多恵子  株式会社ハウス オブ ローゼ 取締役 専務執行役員
 中川 智子  宝塚市 市長
 日置 真世  NPO法人地域生活支援ネットワークサロン 理事 事務局顧問
コーディネーター:
 内海 房子  国立女性教育会館 理事長
    
9.ワークショップのテーマ
「第3次男女共同参画基本計画」に示されている施策を参考に、以下の7つのテーマを設定しました。

 攴性のキャリア形成】
  政策・方針決定過程への女性の参画起業への支援、社会活動キャリアに対する評価、女性の能力開発への支援、女性のライフプランニング支援、女性起業家への支援 等

◆擺覿箸砲ける女性の活躍推進】
  方針決定過程への女性の参画、雇用等における機会の均等と待遇の確保、継続就業、再就職、女性管理職への支援、ポジティブ・アクションの推進 等

【大学における女性の活躍推進】
  大学における男女共同参画の推進、科学技術・学術分野への女性の参画、女性研究者の参画拡大に向けた環境づくり、女子学生・生徒の理工系分野への進学促進 等

ぁ效棒にとっての男女共同参画】
  男性の男女共同参画に対する理解の促進、企業における男性管理職等への意識啓発、仕事と生活の調和のとれた働き方の推進、男性の家庭・地域への参画、男性に対する相談体制の確立 等

ァ攬汰粥Π多瓦斑暴共同参画】
  女性に対する暴力の根絶、人身取引、災害・震災への取組、生活上の困難に直面する男女への支援、高齢者、障害者、外国人等が安心して暮らせる環境の整備、国際規範の尊重 等

Α效暴共同参画の地域づくり】
  地域における男女共同参画の推進、地域経済の活性化とコミュニティビジネスにおける女性の参画、地域や分野を横断するネットワークづくり、子ども・子育てにおける地域の役割、農山漁村女性のエンパワーメント、環境分野における女性の参画、災害からの復興と地域づくり 等

А效暴共同参画センターの役割】
  男女共同参画の意識づくりに向けた取組、女性関連施設・社会教育施設の機能の充実、団体・グループ・NPO活動の支援、指定管理者制度のあり方、男女共同参画情報の発信・活用、女性/男女共同参画センターにおける危機管理 等

10.企画委員(五十音順・敬称略) 
本フォーラムの企画を会館と協働で行います。
 ・小山内世喜子 アピオあおもり 青森県男女共同参画センター副館長
 ・田中 雅文   日本女子大学教授
 ・根岸 茂文   一般社団法人埼玉県経営者協会専務理事・事務局長
 ・森   和江   埼玉県地域婦人会連合会 副会長
 ・矢澤 澄子   元東京女子大学教授(企画委員長)

11.参加申込
事前の申込はご不要です。当日、直接受付にお越しください。

★なお、会館への宿泊を希望される場合は、国立女性教育会館ホームページより、
または宿泊申込書(別紙)に必要事項をご記入の上、国立女性教育会館事業課宛に郵送してください。

※宿泊申込期間:7月25日(木)〜8月2日(金)17:00必着(先着順)

12.所要経費
(1)参加費:無料
(2)宿泊費:フォーラム開催期間中は、小学生以上1泊あたり1,000円
   ★未就学児は1名あたり1泊500円。
(3)交流会費:3,000円(8/23 18:30〜20:00、立食形式)
(4)食費:1食あたり700円〜1,000円程度
   ★カフェテリア方式の食堂(本館1階)をご利用ください。
   ★8月23日(金)夜は、交流会で貸切のため通常営業は行いません。     
   
13.保育
 フォーラム期間中、おおむね2歳以上から学齢未満の幼児保育を実施します。
ご希望の場合は、事業課・清水(0493-62-6725)までご連絡ください(先着順、お預かりすることのできるお子様の人数に限りがあります)。 
 
14.情報交換コーナー(場所:実技研修棟 音楽室)
参加者の皆さまが、ご所属団体のパンフレットやチラシなどの資料や書籍などを自由に交換・販売するコーナーを設置しますので、ご利用ください。
資料の運搬、陳列、金銭の取扱いなどは、各自の責任でお願いします。
  
15.送迎バス
 期間中、国立女性教育会館本館前〜東武東上線武蔵嵐山駅東口間で無料送迎バスをピストン運行しますのでご利用ください。
   ★運行間隔は、武蔵嵐山駅への電車の到着にあわせ、1時間3〜4本程度です。
 
16.荷物の発送
 荷物を事前に会館まで宅配便で送る場合、宛名は国立女性教育会館フロント気付「団体名」としてください。当日、本館フロントで引き取りください。
 
17.その他
以下の点、あらかじめご了承ください。
 〇臆端堝瓜里慮鯲・情報交換の促進を目的とした場ですので、行き過ぎた勧誘や署名運動、募金等はご遠慮願います。
 期間中、職員が撮影した写真を事業記録や広報のために使用することがあります。


平成25年度「男女共同参画推進フォーラム」ワークショップについて

【募集ワークショップ】
全国から応募いただいたワークショップを実施します。ワークショップの実施団体・タイムテーブル・内容は、別添「ワークショップ一覧」・「参加者へのメッセージ」をご参照ください。

【会館提供ワークショップ】
有識者と会館職員との協働や会館の研究成果発表として、以下のワークショップを実施します。


≪ワークライフバランス2.0≫〜業界団体、経営者団体、地方自治体を挙げた、働きがいのある職場作りに向けた取り組み〜
8月22日(木)15:30 〜17:30 101研修室

ワーク・ライフ・バランス=『女性も男性も、ともに働きがいのある職場作り』は、すでに総論から各論、理念から実践の段階に入っています。私、渥美由喜は20数年前から、国内外の先進的な取組みをフィールドワークしてまいりました。全国を見渡すと、業界や経済団体、自治体によって、取組みには、かなり濃淡が生じていると感じております。最近、特に先進的な取組みは、一企業の枠を超えて、広域連携すなわち、個別企業の取組みという「点」から「線」、さらに「面」で進めているという特徴があります。例えば、日本看護協会は業界団体として、中小企業家同友会は経営者団体として、静岡県は地方自治体として、際立った取組みを展開しています。そこで、本ワークショップでは、それぞれの組織での取組みをご紹介いただき、一企業の枠を超えてワーク・ライフ・バランスを推進していくには、どうしたらよいか、今後の在り方について、会場の皆様とともに考えたいと思います。

コーディネーター:
 渥美 由喜 厚生労働省 政策評価に関する有識者会議委員
         (株式会社東レ経営研究所 研究部長)

報告者:     
 橋本 美穂 公益社団法人日本看護協会 労働政策部 部長
 中本 久美 大阪府中小企業家同友会 理事
         (中小企業家同友会全国協議会会員)
 市川 恵  静岡県健康福祉部こども未来局こども未来課少子化対策班

進行:
 森下 敏広 国立女性教育会館事業課専門職員


・地域人材・団体の実践活動に学ぶ
8月22日(木)15:30 〜17:30 110研修室

このプログラムでは、NWECでの学習を生かし地域での実践につなげた事例や行政との協働など、地域における男女共同参画を推進するために日頃から実践活動を行っている個人・団体による事例報告を行います。全国各地からの特徴的な活動 報告を通して、フロア全体で地域における男女共同参画推進に向けた課題等を共有します。

報告者:
 松島 信子 美幌町自治会女性部部長
 佐藤 恵子 NPO法人青森県男女共同参画研究所
 林  真麻  NPO法人青森県男女共同参画研究所
 前田 陽子 ハミングフォーラム習志野代表
 井狩 洋子 野洲市男女共同参画プランやす協働委員会(参画やす)会長

進行: 
 引間 紀江 国立女性教育会館事業課専門職員


・第57回国連女性の地位委員会(CSW)報告会
8月23日(金)10:00〜12:00 101研修室

国連女性の地位委員会(以下、CSW)は昭和21(1946)年に国連経済社会理事会の機能委員会のひとつとして設置されました。CSWの年次総会では、政治・市民・社会・教育分野等における女性の地位向上に関し、毎年テーマを決めて国連本部(ニューヨーク)で開催されています。
第57回CSW は、2013年3月4日から15日まで「女性及び女児に対するあらゆる形態の暴力の撤廃と防止」を優先テーマとして開催されました。ワークショップでは、CSW参加者による委員会期間中に採択された合意結論や各国代表や国連の関係機関、NGO代表等によるサイドイベントやパラレルイベントについての報告をおこないます。

報告者:
 橋本ヒロ子  第57回国連女性の地位委員会日本政府代表・十文字学園女子大学教授、
          十文字中学・ 高等学校 校長
 別府 充彦  内閣府大臣官房審議官(男女共同参画局担当)(予定)
 青木 玲子  国立女性教育会館客員研究員
 赤嶺 良子  国立女性教育会館情報課専門職員

コーディネーター:
 越智 方美  国立女性教育会館研究国際室専門職員


・キャリア開発学習プログラムを考える〜今、求められる企画・運営力〜
8月23日(金)10:00 〜12:00 208研修室

キャリア形成のための教育・学習は、大学、企業、地域など各方面で取り上げられており、要望も高いものがあります。しかし、その内容には、男女共同参画の視点があいまいである、How toに偏りがちになる、など様々な問題が見受けられます。
今こそ、キャリア形成支援プログラムを考える重要な時期に来ているのではないでしょうか。まず必要なことは、キャリア「形成」から、より積極的、主体的なキャリア「開発」への視点の移行です。そして、キャリア開発を進めていくためには、その目標、内容、方法等を明確にした学習プログラムと、それを実施するために必要な知識や力量といった「専門性」を持った人材が必要です。
本ワークショップでは、下記の課題について、講義と事例で問題を提示し、それに基づく討議を通して、皆様とともに考えます。
.ャリア開発学習プログラムの内容・方法について
学習プログラムを企画し、運営するための新たな「専門性」を持った人材育成について
このワークショップを契機に、キャリア開発学習を進め、広げていく協働関係が生まれることを期待しております。

講師:      
 神田 道子  国立女性教育会館前理事長・客員研究員

事例発表者: 
 平賀 圭子  NPO法人参画プランニング・いわて理事長
 松下 光恵  静岡市女性会館 「アイセル21」館長
 野依 智子  国立女性教育会館研究国際室研究員

コメンテーター: 
 亀田 温子  十文字学園女子大学人間生活学部教授
 田中 雅文  日本女子大学人間社会学部教授

コーディネーター:
 西山恵美子  国立女性教育会館客員研究員

進行:
 千装 将志  国立女性教育会館事業課専門職員


・女性/男女共同参画センターのアクティブな情報発信を目指して
8月23日(金)15:30〜17:30 101研修室

「情報は力」をキーワードに女性/男女共同参画センターは、ライブラリー、広報誌、ホームページなどを中心に情報発信をしてきました。今では誰もが携帯を持ち、ツイッター、フェイスブックなどソーシャル・メディアが日々進化しています。地域の男女共同参画拠点施設として、推進するために取り組むべき課題やセンターの事業情報は、人びとに届いているでしょうか。女性/男女共同参画センターのよりアクティブな情報発信が求められています。組織の情報戦略を一年かけて見直した取組、セミナー等の各種事業をホームページで効果的に発信している取組、社会的キャンペーンとしての災害復興支援への取組、ソーシャルネットワークを利用したDVのキャンペーンに取り組む海外の事例、NWECからも女性情報ポータル“Winet(ウィネット)”や災害復興支援女性アーカイブ等の新しい取組を紹介します。

報告者:
 天野 友貴   三重県男女共同参画センターグループリーダー
 黒澤あずさ   公益財団法人日本女性学習財団 学習事業課長
 森 未知    国立女性教育会館情報課専門職員

コーディネーター兼報告者:
 青木 玲子   国立女性教育会館客員研究員


・移民女性が抱える課題の解決に向けた地域における連携
8月23日(金)15:30〜17:30  110研修室

第三次男女共同参画基本計画に「外国人女性が安心して暮らせる環境整備」が盛り込まれましたが、これまで地域の男女共同参画センター等を通じた取り組みは、主に日本人女性を対象にした事業やサービスの提供であり、移住女性に対する視点はほとんどありませんでした。一方、外国人の支援に取り組む国際交流協会では、女性の人権やジェンダー視点での取り組みは限られています。さまざまな機関・団体・者が連携して取り組みながら、地域で生活する外国人女性のニーズを把握し、対応していくことが求められています。
本ワークショップでは、男女共同参画センター、国際交流協会、外国人女性、大学、女性団体・NPO、市民などが、地域で暮らす外国人女性のニーズや課題にどのように答えていくのか検討します。国際交流協会の外国人相談員を対象とした女性相談の研修事例等、地域で関係機関や団体の連携による支援を進めていく際の課題や方策について話し合います。

報告者:
 加山 勤子     公益財団法人静岡県国際交流協会事業課長 
 井田ピムテープ  公益財団法人長野県国際化協会くらしのサポーター
 須藤 京子     浜松市男女共同参画推進センター(指定管理者)
             NPO法人浜松男女共同参画推進協会 副理事長
コーディネーター:
 吉田 容子    弁護士・立命館大学教授

進行:
 渡辺 美穂    国立女性教育会館研究国際室研究員

▲ ページの先頭へ