Top事業紹介事業平成24年度事業 › 「企業を成長に導く女性活躍促進セミナー」実施速報

「企業を成長に導く女性活躍促進セミナー」実施速報

 12月14日(金)〜15日(土)の2日間にわたって「企業を成長に導く女性活躍促進セミナー」を実施し、62名の企業の方々に参加いただきました。
 本セミナーは、企業において女性の活躍が一層推進されることを目的として、企業における人材活用の推進者、管理職、チームリーダーを対象に初めて実施したものです。
 まず、シカゴ大学教授の山口一男氏の基調講演では、企業において女性の活躍が進まない真の原因は女性にではなく日本的雇用慣行にあること、もはやこの雇用慣行は機能しない段階に来ておりダイバーシティ・マネジメントが求められていることが、豊富なデータの裏付けとともに語られました。さらに、女性の活躍と生産性向上を結びつけるためには、企業トップの意識改革、男女の伝統的分業慣行の廃止、ワーク・ライフ・バランスの推進を図った上で、女性管理職登用へのポジティブ・アクションや管理職評価の項目としてダイバーシティの推進を盛り込むこと、個人が時間管理できるような職務の明確化が必要であるなどのお話がありました。
 その後のパネルディスカッションでは、内海房子国立女性教育会館理事長のコーディネートにより、NECソフト株式会社の古道義成社長、YAMAGATA INTECH株式会社の高松和子顧問をパネリストに迎え、コメンテーターとしてシカゴ大学の山口一男氏も加わり、女性の活躍促進を阻む長時間労働の恒常化や女性社員のロールモデル不足などの問題について意見交換がなされるとともに、社長みずからのトップメッセージが、女性社員の退職率改善や育児時短勤務・育児休職取得者の増加、女性社員の昇格率向上に極めて効果的であることが紹介されました。
 そして、ワークショップでは、「アクションラーニング」手法を活用し、参加者一人一人が各企業の課題に向き合い、課題解決の方策を探りました。
 また、希望者に対してNWEC職員が女性教育情報センターの見学と同センターの活用方法についての紹介を行いました。さらに、夜の情報交流会は、リラックスした雰囲気の中、参加者同士による情報交換やネットワーク作りの場となりました。
 参加者からは「日本の古くからの企業体制を変化させなくてはいけないと納得した」「非常に大量のデータと根拠が示され説得力があった」「実践的なセミナーで参考になった」「各社の課題を共有しながら共に考えることができた」「様々なバックグラウンドの方と知り合えてよかった」「続編を期待する」などのご意見をいただきました。
 初の企業向け研修でしたが、ボランティアの方による生け花も随所に飾られ、盛会のうちに終了しました。

kigyou1
内海房子 理事長 開会挨拶

kigyou2
山口一男 氏 基調講演
「経済活性化とワーク・ライフ・バランスをともに
実現する鍵 −ダイバーシティの本質を学ぶ」

kigyou3
パネルディスカッション
「企業の成長は女性が握る」

kigyou4
休み時間のひととき(1階ラウンジ)


kigyou5
ワークショップ


kigyou6
夜の情報交流会

kigyou7
ワークショップ供淵▲ションラーニング)


kigyou8
ワークショップ掘.哀襦璽徃表

kigyou9
山根徹夫 理事 閉会挨拶

▲ ページの先頭へ