Top事業紹介事業平成24年度事業 › 「大学等における男女共同参画推進セミナー」募集

「大学等における男女共同参画推進セミナー」募集

11月22日(木)17:00をもちまして、参加者募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

平成24年度「大学等における男女共同参画推進セミナー」開催要項【PDF】
平成24年度「大学等における男女共同参画推進セミナー」申込書【Excel】

趣  旨

 男女共同参画社会の実現は、国、地方公共団体、国民すべてに課せられた責務であり、高等教育機関としての大学・短大・高専においても、その一翼を担うべきことが求められています。文部科学省の「女性研究者研究活動支援事業」などをきっかけに男女共同参画推進室が設置されるなど、大学等における男女共同参画推進への取組が進みつつあります。
 しかし、学内全体への男女共同参画意識の浸透や男女共同参画の推進体制はいまだ十分とは言えません。また、研究者に占める女性の割合も諸外国に比べ依然として低い状況にあります。
 このような状況を踏まえ、本セミナーでは、大学・短大・高専における男女共同参画の推進に向けて、意思決定組織に所属する教職員、男女共同参画推進担当責任者等を対象として、専門的、実践的な研修を行います。

主  催

   独立行政法人 国立女性教育会館

会  場

   国立女性教育会館
   〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728
   TEL 0493−62−6724・6725
   FAX 0493−62−6720
   Eメールアドレス progdiv*nwec.jp("*"を半角アットマークに変更してください)

期  日

   平成24年11月29日(木)〜11月30日(金) 1泊2日

参加者・定員

   大学・短大・高専における意思決定組織に所属する教職員
   (男女共同参画推進担当責任者も含む)
   80名

日  程

H24大学セミナー日程
(各プログラムの間に5〜10分程度の休憩があります)

※ 情報提供、情報交換会は希望者のみのプログラムです。
※ 当事業は、「第3次男女共同参画基本計画」における「第11分野 男女共同参画を推進し多様な選択を可能にする
   教育・学習の充実」「第12分野 科学技術・学術分野における男女共同参画」に位置付けられている事業です。

内  容

第1日 11月29日(木)

(1)開会     13:00〜13:10 
   ー膾甜圓△い気
   ▲廛蹈哀薀爐亮饂歙睫

(2)講義「女性の政策意思決定の場への参画を推進するために」     13:10〜13:40
    これまでの経験から得たリーダーシップやマネジメントの視点を交えた男女共同参画を推進する
  ための話を聞き、大学における男女共同参画を推進するための基礎となる考え方を学びます。
    講師:内海 房子 国立女性教育会館理事長

(3)関係省庁説明と質疑応答「女性研究者と研究力強化」     13:40〜14:20
    関係省庁の説明を聞き、科学技術・学術分野における男女共同参画を推進する上での現状及び
 国の施策について知り、大学における男女共同参画推進に向けた今日の政策課題についての理解を
 深めます。
    講師:佐藤 弘毅 文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課人材政策企画官

(4)講義「なぜ大学における男女共同参画推進が必要なのか」     14:30〜15:50
    大学における男女共同参画推進の必要性について理解するとともに、大学における男女共同参画
 推進の現状、大学における男女共同参画推進のための組織づくり等についての理解を深めます。
    講師:村松 泰子 東京学芸大学学長

(5)講義「大学における女性研究者への支援:実情と課題」     16:00〜17:10
    大学内での女性研究者に対する支援はどうあるべきか、何が効果的か、また支援事業終了後の
 支援策の継続・定着をどうするか、など女性研究者支援の実際について理解を深めます。
    講師:有賀 早苗 北海道大学大学院農学研究院教授 人材育成本部女性研究者支援室室長

(6)情報提供「大学における男女共同参画についてのアンケートの中間報告」     17:10〜17:25
    講師:野依 智子 国立女性教育会館研究国際室研究員

(7)情報提供(*希望者のみ)「大学等における男女共同参画関連情報」     17:30〜18:00
    男女共同参画社会及び女性・家庭・家族に関する専門図書館である国立女性教育会館「女性教育情報センター」
 が収集・提供する関連資料、女性情報ポータルWinetからデータベース検索を使った情報の活用について
 情報提供します。
    講師:森  未知 国立女性教育会館情報課専門職員

(8)情報交換会(*希望者のみ)     19:00〜20:30
    夕食後、それぞれが抱える課題の解決に向けた方策について情報を交換するとともに、参加者同士の
 ネットワークづくりを行います。

第2日 11月30日(金)

(9)講義「女子学生へのキャリア形成支援」     9:00〜10:10
    男女共同参画社会の実現に向けて、女子学生へのキャリア形成の必要性や、学内でどのように支援を
 進めていけばよいかについて理解を深めます。
    講師:福沢 恵子 財団法人女性労働協会専務理事 昭和女子大学特命教授

(10)ベストプラクティス研究「企業における男女共同参画の取組」     10:20〜11:50
    女性が会社で意欲を持って能力を発揮できるような支援をしている企業の取組を紹介します。

   事例 ヽ式会社眦膕
    報告者:中川 荘一郎 株式会社眦膕或融部人事政策担当次長

   事例◆ヽ式会社光機械製作所
    報告者:西岡 慶子 株式会社光機械製作所代表取締役
          千田 千花 株式会社光機械製作所総務課主査

(11)コース別ワークショップ     12:50〜15:40
    大学における男女共同参画推進の主要な課題について、事例報告をもとにディスカッションを行い、
 実践力を養います。

   <分科会1>「男女共同参画意識を学内に浸透させるための組織づくり」
   事例  崔暴共同参画推進室と多様性人財活用推進会議の連携−岐阜大学の場合−」
     報告者:林  正子 岐阜大学副学長 男女共同参画推進室室長

   事例◆ 崔暴共同参画推進のための組織づくりをめざして〜大学と法人〜」
     報告者:高橋 和子 関西学院大学「Mastery for Service に基づく女性研究者支援」
                   事業実施責任者 理工学部教授

   <分科会2>「大学における女性研究者支援」
    事例  屬もやいキャンパス−男女共同参画のさらなる推進に向けて−」
     報告者:竹内  円 長崎大学男女共同参画推進センターコーディネーター

    事例◆ 崙本大学のキャリアウェイプロジェクト」
     報告者:野呂 知加子 日本大学生産工学部教授

   <分科会3>「女子学生へのキャリア形成支援」
    事例  崛換餽眄貊子学生の連携による高専女子ブランドの発信事業」
     報告者:佐々木 伸子 呉工業高等専門学校建築学科准教授

    事例◆ 嵶教大学キャリアセンターの女子学生キャリア支援の取り組みについて」
     報告者:佐藤 一宏 立教大学キャリアセンターキャリア支援課課長

(12)ふりかえり     15:40〜15:50 
    研修をふりかえり、参加者それぞれがアンケートに記入します。

(13)閉会     15:50

申込方法・期限等

お申込みは締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
(1)方  法
   。泥瓠璽襦Ч駑女性教育会館ホームページよりお申し込みください。
   ⇒港・FAX:国立女性教育会館事業課までお申し込みください。
   ※ 開催要項、参加申込書のデータは以下よりダウンロードできます。
     平成24年度「大学等における男女共同参画推進セミナー」開催要項【PDF】
     平成24年度「大学等における男女共同参画推進セミナー」申込書【Excel】

(2)申込期限
   平成24年11月15日(木)(必着)
   申込期限を延長しました!

(3)提出書類
    峪臆耽醜書」(別紙1)
   ◆崑膤悄γ斬隋高専における男女共同参画推進の実情・工夫について」(別紙2)

(4)参加決定のお知らせ
    ご本人宛に文書にてお知らせします。11月22日(木)までに連絡が来ない場合は、お手数ですが
   事業課(電話:0493-62-6724)までお問い合わせください。

所要経費

(1)参加費     無料

(2)宿泊費     研修期間中は1泊1,000円(前・後泊を含みます。)

(3)食費      1食 700円〜1,000円程度(カフェテリア方式)

(4)情報交換会費  1,000円(希望者のみ)
   ※ 研修期間中の宿泊及び食事は、すべて会館をご利用ください。
   ※ 交通費・宿泊費の主催者からの支給はありませんのでご注意ください。

そ の 他

(1)11月29日(木)と30日(金)に国立女性教育会館と東武東上線武蔵嵐山駅との間で無料送迎バスを運行いたします。

(2)期間中、職員が撮影した写真を事業記録や広報のために使用することがあります。あらかじめご了承ください。

(3)部屋割りの都合上、宿泊室は相部屋となる場合がございます。

▲ ページの先頭へ