Top事業紹介事業平成24年度事業 › 「女子中高生夏の学校2012 −科学・技術者のたまごたちへ−」実施報告

「女子中高生夏の学校2012 −科学・技術者のたまごたちへ−」実施報告

 女子中高生が科学技術の世界の楽しさを「体験する」、そこで生き生きと活躍する女性たちと「交流する」、科学技術に関心のある仲間や先輩と「知り合う」ための機会として、「女子中高生夏の学校2012〜科学・技術者のたまごたちへ〜」を、今年も8月9日(木)〜11日(土)の2泊3日で開催しました。今年は、全国から118名の女子中高生、30名の保護者・教員が参加しました。
 この「女子中高生夏の学校2012」は、独立行政法人科学技術振興機構の委託により、日本学術会議「科学と社会委員会 科学力増進分科会」「科学者委員会 男女共同参画分科会」との共催により実施したものです。昨年度は東日本大震災による電力需要対策の実施により、当館で開催することができませんでした。2年ぶり7回目の開催となる本年度も、これまでの夏学の成果であるプログラムや人材を活用すると共に、より一層工夫し、進化する夏学を行うことができました。
 野呂知加子企画委員長の開会宣言で開校式が始まり、内海房子理事長と日本学術会議会員で名古屋大学大学院の生源寺眞一教授のあいさつがありました。続いて、「サイエンスアンバサダー機措分の将来を考えよう〜」では、3日間の成果を地域に戻ってサイエンスアンバサダー(学んだことを普及したり、発信したりする人)として報告する心構えについて学びました。次のプログラム「キャリア講演」では、日本アイビーエム(株)の柳 優氏、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の永松愛子氏のお二人が講演され、未来を担う女子中高生に向けての貴重なメッセージをいただくことができました。
 続いて、「女性研究者・技術者の職場訪問」では、神奈川県相模原市にあるJAXAの宇宙科学研究所と国立女性教育会館をインターネットで結び、宇宙開発の現場をコーディネーターの廣瀬史子氏、垰 千尋氏(ともにJAXA 宇宙科学研究所)より紹介していただきました。キャリア講演同様、女子中高生からは活発に質問が出され、関心の高さがうかがえました。

H24夏学報告01H24夏学報告02H24夏学報告03
  開会宣言  野呂 知加子 実行委員長        あいさつ  内海 房子 理事長         あいさつ 生源寺 眞一 氏
H24夏学報告04
      サイエンスアンバサダー
H24夏学報告05  H24夏学報告06
キャリア講演 日本アイビーエム(株)柳 優 氏         JAXA 永松 愛子 氏
H24夏学報告07
女性研究者・技術者の職場探訪 JAXA・宇宙科学研究所

<女子中高生プログラム>
 1日目の夜に、学生企画「サイエンスバトル!?」を行いました。参加者は、現役の大学生や大学院生の学生TA(ティーチングアシスタント)が出題する課題やクイズに挑戦しながら、グループ内の親交を深めました。
H24夏学報告08
        サイエンスバトル?!

 2日目には、「才媛双六(さいえんすごろく)」、「サイエンスアドベンチャー機船潺鵬奮惻圓砲覆蹐Α繊廖屮汽ぅ┘鵐好▲疋戰鵐船磧辞供噌餾欷鯲〜」「サイエンスアドベンチャー供船櫂好拭次Εャリア相談〜」といった参加体験型の多彩な内容のプログラムを実施しました。
「才媛双六」では、学生スタッフが作成したサイエンスクイズに答え、理系キャリアゲームを体験し、理系女子の夢やライフプランについて具体的なイメージをつかみました。
H24夏学報告09
            才媛双六

 「サイエンスアドベンチャー機船潺鵬奮惻圓砲覆蹐Α繊廚任蓮⊆存械舛らKまで11の実験・実習の中から、女子中高生がそのうちの1つを選んで取り組みました。今年度は、文理選択を迷っている生徒向けの不思議体験コース(実験A〜E)と専門性の高いチャレンジコース(実験F〜K)を用意しました。実験内容は以下のとおりです。
実験A 金属の不思議
  B 宇宙の星から学ぶエネルギー−基礎から学ぶ福島の事故−
  C 水辺の生態系を観察しよう
  D 電子回路を作って遊んでみよう!
  E 重力健康科学入門〜自分の身体のシステムを知る
  F 数学ソフトと歩く曲線の世界
  G 結びのゲームを作って遊ぼう
  H 大気圧を測ろう
  I コンピュータで探す健康や環境浄化に係わる遺伝子
  J オリジナルのDNAストラップを作ろう−遺伝暗号のしくみを学ぶ−
  K 心臓を染めよう−心臓から学ぶ発生と進化−
H24夏学報告10H24夏学報告11H24夏学報告12
              実験A                            実験B                           実験C
H24夏学報告13H24夏学報告14H24夏学報告15
              実験D                            実験E                            実験F
H24夏学報告16H24夏学報告17H24夏学報告18
              実験G                            実験H                            実験I
H24夏学報告19H24夏学報告20
              実験J                            実験K

 「サイエンスアドベンチャー供噌餾欷鯲〜」では、希望者が韓国の女子高校生とインターネットで交流しました。
H24夏学報告21
            国際交流

 「サイエンスアドベンチャー供船櫂好拭次Εャリア相談〜」では、33の学会、学校、企業等が参加してポスター展示やキャリア相談を行いました。女子中高生は、各ブースを回って説明を聞いたり、進路に関する相談をしたりしていました。
H24夏学報告22  H24夏学報告23
                        ポスター・キャリア相談

 夜には「キャリア・プランニング」を行いました。これも学生による企画です。各グループで学生TAが中心となってこれからのキャリア(進学や就職)について話し合いました。話し合った内容は、最終日に予定されているオリジナル版の「才媛双六」づくりに生かされました。
H24夏学報告24
        キャリア・プランニング

 3日目(最終日)には、「サイエンスアンバサダー供措分の将来について考えよう〜」を行いました。前夜の「キャリア・プランニング」で話し合った内容をもとに、オリジナル版の「才媛双六」を作成しました。
 参加者のみなさんが作成した「才媛双六」は、こちらからご覧いただけます。
 また、3日間の感想やこれからの希望などについて、「夏学タイムズ」という新聞にまとめました。
H24夏学報告25
       サイエンスアンバサダー

 この後、3日間を振り返るスライドショーと、学生スタッフから各グループへの表彰を行いました。
 最後に「サイエンスアンバサダー任命式・閉校式」では、参加した女子中高生全員がサイエンスアンバサダーに任命されました。このサイエンスアンバサダーは、今後、自分の周りに科学・技術の面白さを広める活動を積極的に進めます。その活動の相談のため、夏学メンター制度も設けました。
H24夏学報告26H24夏学報告27H24夏学報告28
           夏学振り返り                        表彰式                         任命式

<保護者・教員等プログラム>
 前回から本格的に実施した保護者や教員に対してのプログラムでは、女子中高生の進路に影響を与える身近な支援者である参加者30名が集まりました。初日の夕食までは女子中高生と同じプログラムでしたが、夕食後は「夏の学校を知る」と題して、企画委員の小川順子氏から7回目となる夏の学校についての説明、世界や日本の理工系女子についての現状などを聞きました。
H24夏学報告29
         夏の学校を知る

 2日目午前の「サイエンスカフェ機廚任蓮各学会、学校、企業等の展示ブースを回り、最先端の科学技術や理系教育の現状について理解を深めました。午後に入り、「サイエンスカフェ供廚箸靴董∧欷郤圓諒々には理系進路選択の魅力等について、研究者や大学生、社会人を交えた座談会が行われ、教員の方々には、各学校での行われる実験を中心とした内容についての討議や、年間指導計画づくりを行うなどのプログラムを実施しました。
H24夏学報告30  H24夏学報告31
    サイエンスカフェ供(欷郤垳け                   教員向け

 夜の「サイエンスカフェ掘廚任蓮日本学術会議連携会員で筑波大学教授の渡辺政隆先生をお招きして、理系進路選択の現状などについてのお話をうかがうとともに、日頃の疑問や不安などについて、参加者同士によるグループディスカッションを行いました。予定の時間を過ぎても話し合いが続くなど、参加された方々の理系進路選択への関心の高さがうかがえました。
H24夏学報告32
        サイエンスカフェ

 3日目には、「応援します!サイエンティストへの道」と題して、保護者向けには女子教育についての問題や将来への課題等についての話を聞いた後、今回の参加についての感想も含めた話し合いを行いました。教員向けには、3日間の夏学の成果を教育現場へ広げる試みとして簡単な指導案を作成しました。
H24夏学報告33  H24夏学報告34
                   応援します!サイエンティストへの道
     
<参加者の感想>
 参加者の女子中高生からは、「同じことに関心がある高校生と話して、いろいろと刺激を受け、いい経験になりました。」「より理系に進学したいと思った。」「理系の仕事について改めて詳しく知ることができた。また、初めて知り合った仲間とも交流を深め、友達になることができ、とてもうれしかった。」「理系か文系かどちらに進もうか悩んでいたので、それをよく考える材料として、とても有効でした。」「理系についていろいろな考えを持っている人とお話しできたり、実際に理系の道に進んでいる“女性”からお話がうかがえたのは、とてもよい機会でした。」「話を聞いてもらえる人、相談できる人が今まであまりいなかったので、参加して話しを納得いくまで聞けてとてもよかった。」「やりたいことは自分でどんどん挑戦していくことの大切さを知った。」「理系にはたくさんの分野があるなあと改めて思いました。自分はすでに行きたい学部は決まっているのですが、まだまだ視野を狭めることなく、多くの分野に興味を持っていきたいです。」「今度はTAになって戻ってきたいです。」等の感想が寄せられました。
 また、保護者・教員の方々からは、「理系が具体的にイメージできるようになったので、参加して本当によかった。」「娘の進路選択にこの3日間は影響を与えてくれると思います。」「私も娘の世代だったら、もう一回きちんとがんばりたいという思いで一杯になりました。」「子どものために来たつもりが自分が楽しみました。もう一度化学をやっていた頃の自分に戻りたくなりました。」「消去法で将来を選択するのではなく、いろいろな道を知った上で積極的に将来を考える子になってほしいと思っておりました。そのための手段として、この夏の学校はすごく有意義だったと思います。」「やりたいことを楽しんでやっていらっしゃる皆様の生き生きとした様子を見て、娘の未来に明るいものが感じられました。」「技術者、研究者の生の声を聞くチャンスが多くあり、また同年代の中高生と密に関わり合え、非常に刺激を多く与えていただける事業でたいへんありがたいと感じました。」「生徒たちが生き生きと活動しているところがよかった。」「引率した生徒の笑顔が見られたのがとてもうれしかった。」「大学生、大学院生のTAがてきぱきと動いて指示している姿に感動した。」などの感想が寄せられました。

▲ ページの先頭へ