Top事業紹介事業平成22年度事業 › 平成22年度「男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラム」参加者募集

平成22年度「男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラム」参加者募集

平成22年度「男女共同参画のための研修と実践の交流推進フォーラム」ポスター

平成22年度「男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラム」関係資料・申込書【pdf】
平成22年度「男女共同参画のための研修と実践の交流推進フォーラム」ワークショップ一覧
平成22年度「男女共同参画のための研修と実践の交流推進フォーラム」ワークショップ参加者へのメッセージ
平成22年度「男女共同参画のための研修と実践の交流推進フォーラム」チラシ【pdf】

1.趣旨   

男女共同参画社会の形成に向け、今、私たちが自らの意思で社会に参画し、社会を活性化していく
課題とその解決方法を見出す機会とするとともに、“研究”“学習”“実践”を結び、女性のエンパワーメントをめざす交流の場とします。

2.主題

 「女性のエンパワーメントと男女共同参画社会づくり 」

3.主催 

独立行政法人 国立女性教育会館

4.会場   

国立女性教育会館
  〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷728番地
※詳しい交通案内はこちらから
http://www.nwec.jp/jp/about/access.html

平成22年度「男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラム」受付時間および交通のご案内【PDF】

平成22年度「男女共同参画のための研修と実践の交流推進フォーラム」臨時送迎バスのご案内

5.期日   

平成22年8月27日(金)〜8月29日(日) 2泊3日

6.参加者   

女性団体等のリーダー、研究者、女性関連施設職員、男女共同参画・女性教育・家庭教育等の行政担当者、学生等 1000名程度

7.日程・内容 

<第1日 8月27日(金)>

機ヽ  会・主催者あいさつ                    12:30 〜 12:50

供.轡鵐櫂献Ε
                                   13:00 〜 15:00

 「未来へのメッセージ 〜男女共同参画社会への展望 一歩先に進むための関係づくり〜」                        
 地域活性化を推進するための女性の参画とその基礎となる関係づくりについて、意思決定の場
やまちづくりへの女性の参画を通して、各界でご活躍されている方々からご提言をいただき、地
域で男女共同参画を推進するための今後の研究や実践活動の方向性について考えます。

    シンポジスト〈敬称略〉:
    奥山恵美子     仙台市長
    西郷真理子     (株)まちづくりカンパニー・シープネットワーク代表取締役
    シンポジスト ・コーディネーター:
    廣瀬 隆人    宇都宮大学生涯学習教育研究センター副センター長・教授

   
掘.錙璽ショップ 1                          15:30 〜 17:30 
    全国から応募いただいたワークショップ(8件)、会館提供ワークショップ(1件)、文部科学省提供ワークショップを行います。 

検仝鯲会                                18:30 〜 20:00
1日目の夕食を兼ねた交流会(有料:3000円)です。参加には、事前にお申込みが必要です。

<第2日 8月28日(土)>

后.錙璽ショップ 2                           9:30 〜 11:30
   全国から応募いただいたワークショップ(8件)、会館提供ワークショップ(2件)を行います。

此.錙璽ショップ 3                           12:30 〜 14:30
   全国から応募いただいたワークショップ(12件)、会館提供ワークショップ(1件)を行います。

察.錙璽ショップ 4                          15:30 〜 17:30
   全国から応募いただいたワークショップ(11件)、会館提供ワークショップ(1件)を行います。

次ー由交流                               19:00 〜 21:00
    参加者同士が誘い合って自由に交流します。   

<第3日 8月29日(日)>

宗.錙璽ショップ 5                           9:30 〜 11:30
   全国から応募いただいたワークショップ(8件)、会館提供ワークショップ(1件)を行います。  

勝.錙璽ショップ 6                         12:30〜14:30
   全国から応募いただいたワークショップ(7件)、会館提供ワークショップ(1件)を行います。

将供(腸

8.ワークショップのテーマ

テーマは、「男女共同参画基本計画」(第2次)に示されている施策を参考に、以下の5つのテーマを設定しました。

―性のキャリア形成への取組 政策・方針決定過程への女性の参画、雇用等における機会の均等と待遇の確保、起業、再就職支援、ライフプランニングによる進路選択指導、大学における男女共同参画推進、科学技術・学術の振興、女性研究者・技術者の採用・登用、理工系分野への女子中高生の進路選択促進 等
▲錙璽・ライフ・バランス ワーク・ライフ・バランスの推進、男性の家庭・地域参画、子育て支援、企業の取り組み 等
0汰粥Π多瓦斑暴共同参画 女性に対する暴力の根絶、人身取引、防災への取組、生活困難者への支援、高齢者、子ども、障害者、外国人が安心して暮らせる環境整備 等
っ楼茲粒萓化と男女共同参画 地域における男女共同参画推進、農山漁村活性化への取組、農山漁村女性のエンパワーメント、環境保全への参画 等
ッ暴共同参画の拠点づくり 男女共同参画意識づくりに向けた取組、女性関連施設・社会教育施設の機能の充実、団体・グループ・NPO活動の活性化、指定管理者制度のあり方、男女共同参画情報の発信・活用 等

9.交流推進プログラム

   参加者の交流推進を支援するため、会館ボランティア、会館職員、地域の方々の企画による以下のプログラムを行います。参加は自由です。
(1)モーニング・アクティビティ 
軽い運動や工作など、頭、身体が目覚めるプログラムを行います。

(2)アフタヌーン・コンサート 
近隣の高校生による発表や、軽音楽の演奏を行います。

(3)ナイト・レクチャー 
お茶や、手作り体験など、会話を楽しみながら参加できるプログラムを行います。

10.情報交換・交流の場

情報交換・交流の場として、全日程を通して以下の場を開設します。
(1)さんかくカフェ 
交流推進委員による参加者同士の出会いの場です。男女共同参画推進のための実践活動・研究調査等についての相談も受付けます。

(2)情報のひろば 
参加者が無料の広報物、チラシ等を展示、交換、配布することを通して情報交換を行う場です。
  情報のひろばについて・申込書【PDF】

(3)ヌエック・マルシェ 
比企地区の地産地消品の販売や運営者との情報交換を通して、顔の見えるつながりをつくります。

11.参加申込

事前のお申し込みは締め切りました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

なお、当日もお申し込みを受け付けます(日帰りのみ)。その場合、開催資料は十分用意しておりますが、不足することもございますので、御了承ください

(1)申込方法:インターネットまたは郵便で受け付けます。参加希望により、申込方法が異なりますので、別紙3の申込方法をご確認のうえ、お申し込み下さい。
会館への宿泊は、全日程(8月27日〜29日)参加の方を優先に先着順でお受けいたします。但し、団体一括の宿泊希望はお受けできませんので、宿泊をご希望の方は、お手数でも個人でお申込みをお願いいたします。

(2)申込期間:宿泊希望有り 7月20日(火)〜8月13日(金)
         
         宿泊希望無し 7月20日(火)〜8月20日(金)

   

12.所要経費

(1)参加費 :無料です。ワークショップによって資料代が有料のところもあります。
(2)宿泊費 :期間中の会館宿泊費は、1泊1000円、未就学児は500円です。小学生も1名となりま
すので、ご注意ください(前・後泊も同金額)。
(3)食費・交通費:参加者のご負担となります。
(4)交流会 :1名3000円(立食形式)です。事前にお申込みが必要です。

13.保育  

   フォーラム期間中、概ね2歳以上から学齢未満の幼児保育を実施します。
   希望する場合は、「参加申込書」に必要事項を記入のうえお申し込みください(定員20名 先着順)。

14.企画委員  5名(五十音順・敬称略) 

 本フォーラムの企画を会館と共同で行います。
    ・矢澤 澄子  元東京女子大学教授(企画委員長)
    ・田中 雅文  日本女子大学教授
    ・中畔都舍子  全国地域婦人団体連絡協議会長
    ・野上 武利  埼玉県経営者協会顧問
    ・宗像 道子  社団法人共同通信社編集委員

15.交流推進委員 9名(五十音順・敬称略)

 テーマワークショップを企画・運営し、同テーマに関心のある参加者のネットワークづくりをすすめます。
    ・青木 玲子 国立女性教育会館客員研究員
    ・小川かづ江  国立女性教育会館ボランティア
    ・渋谷 典子  特定非営利法人参画プラネット代表理事
    ・中村アイ子 国立女性教育会館ボランティア
    ・西山恵美子  国立女性教育会館客員研究員
    ・野呂知加子  日本大学大学院准教授
    ・萩原なつ子  立教大学教授
    ・本間 喜美  国立女性教育会館ボランティア
    ・吉田 容子  弁護士・立命館大学教授

16.申込先及び問い合わせ先

 独立行政法人 国立女性教育会館事業課 
  〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
    TEL:0493-62-6724 ・25
    ホームページ:http//www.nwec.jp/
    E-mail:prgdiv@nwec.jp
    (土日祝日 午前8:30〜午後5:00もお問い合わせをお受けできます。)

▲ ページの先頭へ