Top事業紹介事業平成22年度事業 › 「女性研究者のエンパワーメントと新領域創成に向けたワークショップ〜日米シンポジウムのプレ会議として〜」募集

「女性研究者のエンパワーメントと新領域創成に向けたワークショップ〜日米シンポジウムのプレ会議として〜」募集

【参考】
日米シンポジウムプレ会議申込・参加のご案内【PDF】
日米シンポジウムプレ会議開催要項【PDF】
日米シンポジウムプレ会議日程表【PDF】
日米シンポジウム開催要項【PDF】
日米シンポジウム日程表【PDF】
日米シンポジウムプレ会議参加申込書【PDF】
日米シンポジウムプレ会議参加申込書【excel】

1 プレ会議の趣旨

 このたび、国立女性教育会館と米国国立科学財団(National Science Foundation)は、女性研究者のエンパワーメントと新領域創成に向けた日米シンポジウムを開催することとしました。これは、「Connections」をテーマに、日米両国の気鋭の女性研究者約30名が集い、情報技術や分野融合等による新しい研究領域の創成、科学・技術の進展による環境や防災等の地球的課題の解決など、今後の科学・技術の方向性について意見交換するとともに、今後の国際的共同研究も見据えた、多分野に亘る参加者間のネットワークを構築しようとするものです。
 併せて女性のリーダーシップ育成等、男女共同参画の効果的な推進方策についても意見交換しますが、女性研究者支援策に関する従来のシンポジウムと比較すると、本シンポジウムは女性研究者の研究向上に焦点を当てたものとなっております。

 本シンポジウムは、日米の参加者間の親密な関係を構築するため、原則として非公開であり、基調講演とパネルディスカッションのみが一般公開です。
 しかし、多分野でご活躍の方々が一堂に会す貴重な機会でもありますので、初日(7月5日)の午後、プレ会議として「女性研究者のエンパワーメントと新領域創成に向けたワークショップ」を開催、一般公開し、我が国の若手女性研究者の方々等の研究力向上、リーダーシップ育成を図ることといたしました。

2 プレ会議の内容

 日米シンポジウムプレ会議開催要項(こちらをクリックしてください)のとおりです。
プレ会議参加者は、日米シンポジウムの基調講演・パネルディスカッションにもご参加いただけます。また、日米シンポジウム参加者のポスターを会期中随時ご覧いただけます。
使用言語は、プレ会議が日本語、日米シンポジウムが英語です。
 プレ会議参加者は、日米シンポジウム参加者を含め、120名程度です。

【参考】
日米シンポジウム開催要項

3 申込方法・期限

   (1)方  法  こちらからお申込みいただけます。             
             また、「参加申込書」を郵送またはFAXでお送りください。
   (2)申込期限  平成22年6月18日(金)(先着順)
   (3)参加のお知らせ  ご本人宛に文書によりお知らせします。1週間前までに連絡が来ない
                 場合は、お手数ですが事業課(0493-62-6725)までお問い合わせ
                 ください。

4 所要経費

   (1)参 加 費  10,000円(夕食会費・昼食会費・宿泊費を含む)
   (2)食  費  5日夕食会、6日昼食会以外の食事については各自でお支払いください。
             当会館の食堂にて、1食800円〜1,000円程度です。

* 女性教育情報センター(本館2階)のご案内

 男女共同参画社会の形成を目指した、女性・家庭・家族に関する専門図書館です。 ぜひご利用ください。開室時間は、下記のとおりです。
    7月 5日(月)9:00〜17:00
    7月 6日(火)8:30〜17:00

* 女性アーカイブセンター展示室(本館1階)のご案内

 男女共同参画社会の形成に顕著な業績を残した女性、全国的な女性団体や女性教育・男女共同参画施策等に関する史・資料を収集しています。開館時間は、下記の通りです。
    7月 5日(月)9:00〜17:00
    7月 6日(火)8:30〜17:00

▲ ページの先頭へ