Top事業紹介事業平成22年度事業 › 「大学・研究機関のための男女共同参画推進研修」募集

「大学・研究機関のための男女共同参画推進研修」募集

★平成22年度「大学・研究機関のための男女共同参画推進研修」開催要項【PDF】
★平成22年度「大学・研究機関のための男女共同参画推進研修」チラシ【PDF】

1.趣  旨

  男女共同参画社会の形成に向け、大学・公的研究機関等の男女共同参画オフィスの管理職として必要な知識、マネジメント能力、ネットワーク力を身につけるために、高度で専門的な研修を行います。

2.主  催

独立行政法人国立女性教育会館

3.会  場

  国立女性教育会館
  〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728
   TEL 0493-62-6724 FAX 0493-62-6720
   E-mail progdiv@nwec.jp
   詳しい交通案内はこちらをご覧下さい。 
   http://www.nwec.jp/jp/about/access.html     

4.期  日

  平成22年6月24日(木)〜 6月25日(金) 1泊2日

5.参 加 者

  大学・公的研究機関等の男女共同参画オフィスの管理職 80名

6.申込方法・期限

(1)方   法  国立女性教育会館事業課へ郵送、FAX、E-mailでお申し込みください。

(2)申込期限  平成22年5月31日(月)(先着順) ※お申込期限を延長いたしました。

(3)提出書類  「参加申込書」(別紙1)、「実情・工夫等」(別紙2)をご提出ください。
           様式はこちらからダウンロードできます。
          ★別紙1、別紙2【PDF】
          ★別紙1、別紙2【Excel】

(4)参加のお知らせ 随時、本人宛に文書によりお知らせします。

7.所要経費

(1)参 加 費  無料

(2)宿 泊 費  研修期間中は1泊1,000円(前・後泊も1泊1,000円)

(3)食  費  1日3食 2,500円程度(カフェテリア方式)
         ※研修期間中の宿泊及び食事は、すべて会館をご利用ください。

(4)情報交換会費 1,000円(1日目の夕食後に行います。消費税を含みます)

8.日程・内容

<第1日 6月24日(木)>

プレ・ワークショップ「男女共同参画社会の基礎知識」(*希望者のみ参加)  10:30〜12:00
 主に初任者を対象として、日本における男女共同参画推進の歴史的背景など基礎知識を学びます。
      講 師: 独立行政法人国立女性教育会館職員

(1)開会                                     13:00〜13:20

    ー膾甜圓△い気
   ◆.廛蹈哀薀爐亮饂歙睫

(2)講義「男女共同参画を推進する視点とは」                13:20〜13:50
   男女共同参画を推進する際に必要な男女共同参画の視点の醸成をはかります。
     講 師: 神田 道子    独立行政法人国立女性教育会館理事長

(3)課題分析「大学・研究機関における男女共同参画の推進」      14:00〜15:00
   学術分野における男女共同参画を推進する上での現状及び課題と国等の施策について理解を
  深めます。
   
   々峙繊崑膤悄ΩΦ羌ヾ悗砲ける男女共同参画を推進する上での課題と取組の方向性」
     講 師: 久保 真季    独立行政法人国立女性教育会館理事

   講義「女性科学者支援における科学技術振興調整費の役割」
     講 師: 塩満 典子    独立行政法人科学技術振興機構
                     科学技術振興調整費業務室長

(4)講義「EUにおける女性研究者政策」                 15:10〜16:00
   ETANレポート及びヘルシンキ・レポートなどEUを中心にOECD諸国の女性研究者政策について
  学びます。
     講 師: 小川眞里子    三重大学人文学部教授

(5)課題研究「大学等におけるセクシュアル・ハラスメント対策」    16:10〜17:40
  大学等におけるセクシャル・ハラスメント被害を未然に防止するために必要な知識について理解を
 深めます。
     講 師: 吉田 容子    弁護士、立命館大学法科大学院教授
     報告者: 中西 又三    中央大学セクシャル・ハラスメント防止啓発委員会
                      運営委員長(法学部教授)

(6)情報交換会 (*希望者のみ参加)               19:00〜20:30

<第2日 6月25日(金)>

(7)講義「仕事と生活の両立−ワーク・ライフ・バランスの実現」    9:00〜10:00
   ワーク・ライフ・バランス診断等により、自機関の両立支援の現状を考えます。
     講 師: 加地 照子    財団法人21世紀職業財団特任講師

(8)ベストプラクティス研究                       10:15〜11:30

    崕性管理職の養成とダイバーシティマネジメント」
     報告者: 黒瀬友佳子    帝人株式会社人財部ダイバーシティー推進室長

   ◆屮錙璽・ライフ・バランスが可能な職場づくりと経営者の意識」
     報告者: 池田由季子    株式会社太陽商工代表取締役

(9)コース別ワークショップ                          12:30〜15:30
   男女共同参画の主要な課題について、講義及び事例報告を元にディスカッションを行い、
  実践力を付けます。

<分科会1>「男女共同参画意識を学内に浸透させるために」
     講 師:小舘香椎子        独立行政法人科学技術振興機構男女共同参画主監
     報告者:佐々木成江      名古屋大学男女共同参画室特任准教授 
     報告者: マチ ディルワース 米国大使館米国国立科学財団東京事務所所長

<分科会2>「研究者のワーク・ライフ・バランス支援」
     講 師: 樋口 美雄      慶應義塾大学商学部教授
     報告者: 宮浦 千里      東京農工大学女性未来育成機構長
                        (大学院共生科学技術研究院教授)
     報告者: 澤田美智子     産業技術総合研究所男女共同参画室長

<分科会3>「女性医療職のライフプランニング支援」
     講 師: 里見 裕之      福井県済生会病院 女性診療センター 産婦人科医長
                       特定非営利活動法人(NPO法人)イージェイネット
                       (女性医師のキャリア形成・維持・向上をめざす会)理事
     報告者: 樗木 晶子     九州大学女性医療人教育研究実践センター副センター長
                       (医学部保健学科教授)
     報告者: 上田真喜子    大阪市立大学医学部附属病院女性医師・看護師支援センター長
                       (大学院医学研究科病理病態学教授)
     報告者: 岩佐 葉子    大阪市立大学大学院医学研究科病理病態学講師

(10) ふりかえり                               15:30〜15:40
 
(11) 閉 会   15:40

9.研修成果の活用プラン

参加決定通知に「研修成果の活用プラン」を添付いたしますので、ご記入の上、事業課progdiv@nwec.jpにお送りいただくか、6月24日(木)の研修初日に受付にご提出ください。

10.女性教育情報センター(本館2階)

 男女共同参画社会の形成を目指した、女性・家庭・家族に関する専門図書館です。 ぜひご利用ください。開室時間は、下記のとおりです。
         6月24日(木)9:00〜19:00
         6月25日(金)8:30〜17:00

11.女性アーカイブセンター展示室(本館1階)

 男女共同参画社会の形成に顕著な業績を残した女性、全国的な女性団体や女性教育・男女共同参画施策等に関する史・資料を収集しています。開館時間は、下記の通りです。
         6月24日(木)9:00〜19:00
         6月25日(金)8:30〜17:00

12.その他

 6月24日(木)の初日と、25日(金)の最終日は、東武東上線「武蔵嵐山(むさしらんざん)駅」と「国立女性教育会館」間で、無料送迎バスを運行する予定です。

▲ ページの先頭へ