Top事業紹介事業平成22年度事業 › 女性関連施設・地方公共団体・団体リーダーのための男女共同参画推進研修 募集

女性関連施設・地方公共団体・団体リーダーのための男女共同参画推進研修 募集

      たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。
      定員に達しましたので、お申し込みは終了いたします。

 ★平成22年度
  「女性関連施設・地方公共団体・団体リーダーのための男女共同参画推進研修」開催要項【PDF】
 ★平成22年度
  「女性関連施設・地方公共団体・団体リーダーのための男女共同参画推進研修」チラシ【PDF】

1.趣  旨

  男女共同参画社会の形成に向けた女性関連施設・地方公共団体・女性団体の役割を認識し、地域の男女共同参画を積極的に推進するリーダーとして必要な知識、マネジメント能力、ネットワーク力を身につけるために、高度で専門的な研修を行います。

2.研修目的・特徴

 本研修は、地域で男女共同参画を実現するために、女性関連施設管理職、地方公共団体職員及び女性団体リーダーとしてのエンパワーメントと連携・協働関係の構築を支援することを目的としています。
この研修は、
    ・男女共同参画の視点を持ち、実態把握・課題分析を行い、実践に結びつける
    ・男女共同参画の中核となる人材のリーダーとの関係力・連携力の向上
    ・実践事例の重視
    ・研修の成果を地域に持ち帰って実践し、振り返り、さらなる事業や活動へいかすという
     サイクルを考えたプログラムの構成
等を特徴としています。 

3.主  催  

    独立行政法人国立女性教育会館

4.共  催  

    NPO法人全国女性会館協議会(女性関連施設管理職コースにおける共催となります)

5.会  場  

    国立女性教育会館
        〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728
        TEL 0493-62-6724・6725    FAX 0493-62-6720
        ホームページ http://www.nwec.jp/   E-mail progdiv@nwec.jp

6.期  日  

    平成22年6月9日(水)〜 6月11日(金) 2泊3日

7.参 加 者

    (1) 女性関連施設管理職コース:60名
       公私立女性会館・女性センター、男女共同参画センター等、男女共同参画社会の
       形成に向けた拠点としての女性関連施設の管理職等(在職年数は問いません)
    (2) 地方公共団体職員コース: 30名
       男女共同参画行政担当者等(在職年数は問いません)
    (3) 女性団体リーダーコース: 30名
       地域で男女共同参画を推進する団体等のリーダー(次世代リーダーを含む)

8.申込方法・期限

    (1)方  法  
      Eメール:国立女性教育会館ホームページよりお申し込みください。
      おかげさまで多数のお申し込みをいただきました。どうもありがとうございました。
      定員に達しましたので、お申し込みを締め切らせていただきます。

      
      ⇒港、FAX:国立女性教育会館事業課までお申し込みください。
       ★開催要項【PDF】
       ★別紙1参加申込書【PDF】
       ★別紙2「実状・工夫等」【PDF】
       ★別紙3「主催事業概況一覧」【PDF】
       ★別紙1〜3「参加申込書」・「実状・工夫等」・「主催事業概況一覧」【excel】
    (2)申込期限  平成22年5月31日(月)(先着順)
    (3)提出書類  「参加申込書」(別紙1)、「実情・工夫等」(別紙2)、
               「主催事業概況一覧」(別紙3)をご提出ください。
    (4)参加のお知らせ 
       ご本人宛に文書によりお知らせします。1週間前までに連絡が来ない場合は、お手数ですが
       事業課にお問い合わせください。

9.所要経費

    (1)参 加 費  無料
    (2)宿 泊 費  研修期間中は1泊1,000円(前・後泊も1泊1,000円)
    (3)食  費  1日3食 2,500円程度(カフェテリア方式)
              ※研修期間中の宿泊及び食事は、すべて会館をご利用ください。
    (4)情報交換会費 1,000円(1日目の夕食後に行います。飲み物、お菓子、消費税を含みます)

10.日程・内容

第1日 6月9日(水)
 プレ・ワークショップ「男女共同参画社会の基礎知識」(*希望者のみ参加)    10:30〜12:00
 主に初任者を対象として、日本における男女共同参画推進の歴史的背景など基礎知識を学びます。
      講 師: 国立女性教育会館職員

(1)開会   13:00〜13:10
    ー膾甜圓△い気
   ◆ゞ催者あいさつ
 
(2)プログラムの趣旨説明                    13:10〜13:20

(3)講義「男女共同参画を推進する視点とは」                  13:20〜13:50
地域で男女共同参画を推進する際に必要な男女共同参画の視点について理解を深めます。
      講 師: 神田 道子  国立女性教育会館理事長

(4)討議「課題整理のためのディスカッション」         14:00〜15:00
各施設、地方公共団体及び女性団体が抱える問題を整理し、課題を抽出・共有します。
      報告者:  桜井 陽子 全国女性会館協議会常任理事
      報告者:  西山恵美子 国立女性会館客員研究員
      コーディネーター: 久保 真季 国立女性教育会館理事・事務局長

(5)講義「男女共同参画社会形成に向けた今日の政策課題」            15:10〜17:00
関係府省及び主催機関による説明を行い、男女共同参画社会形成に向けた施策の現状及び今後の方向性についての理解を深めます。
      講 師: 藤澤 美穂   内閣府男女共同参画局推進課長 
      講 師: 盡 努    文部科学省生涯学習政策局男女共同参画学習課長
      講 師: 中井麻祐子  厚生労働省雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課企画係長
                     (併任)法規係長
      講 師: 久保 真季    国立女性教育会館理事・事務局長
      講 師: 大野 曜     全国女性会館協議会理事長

(6)ワークショップ「男女共同参画情報・データの活用」(*希望者のみ) 17:10〜18:10
    男女共同参画情報及びデータを各組織の業務戦略に活かすための能力を付けます。
      講 師: 国立女性教育会館職員

(7)情報交換会                  19:00〜20:30

第2日 6月10日(木)
(8)調査研究の報告「最近の男女共同参画に関する調査より」           9:00〜10:10
男女共同参画センターの現状、地域活性化に向けた諸団体のネットワーク状況等に関する報告を受け、各施設等の成果を見せる工夫について学びます。併せて、自己評価システムの開発、普及に関する調査研究の報告を受けます。
  1)男女共同参画センターの現状に関する調査
      報告者: 中野 洋恵   国立女性教育会館研究国際室長・主任研究員
  2)地域活性化に向けた男女共同参画推進に関する調査研究
      報告者: 飯島 絵理   国立女性教育会館客員研究員
  3)男女共同参画センター等における自己評価システムの開発、普及に関する調査研究
      報告者: 桜井 陽子   財団法人横浜市男女共同参画推進協会理事・統括本部長

(9)講義・ワークショップ「組織の基盤強化−成果の見える化−」          10:20〜12:30
地方公共団体のみならず各施設や民間団体も住民に支持される運営が求められている中、住民が評価する視点と自組織のアウトカムの方向性について学びます。
      講 師: 川北 秀人  IIHOE「人と組織と地球のための国際研究所」代表

(10)コース別ワークショップ                          13:30〜16:10
組織の基盤強化を図り持続可能な組織となるため、事例報告を元にディスカッションを行い、実践力を付けます。
<女性関連施設管理職コース>「予算制約下での組織の基盤強化」
      報告者: 時岡 禎一郎 財団法人大阪府男女共同参画推進財団理事長
      報告者: 平賀 圭子  もりおか女性センター長
      報告者: 幸田 月路  姫路市男女共同参画推進センター課長補佐
      ファシリテーター: 松下 光恵 全国女性会館協議会理事・静岡市女性会館館長
                 佐國 勝   国立女性教育会館事業課専門職員
<地方公共団体職員コース>「組織内でのメインストリーム化に向けて」
      報告者: 福井県総務部男女参画・県民活動課
      報告者: 岡山市市民局男女共同参画課
      ファシリテーター: 吉村 幸子  広島県女性会議理事長
                西脇美江子  国立女性教育会館事業課専門職員
<女性団体リーダーコース>「組織の基盤強化「待つ」から「集める」組織への転換」
      報告者: 増田 恭子 富士宮駅前通り商店街振興組合理事長
      報告者: 山田 裕子 大阪NPOセンター理事・事務局長
      ファシリテーター: 西山恵美子 国立女性教育会館客員研究員

(11)説明「外部資金の獲得に向けて」(*希望者のみ)   16:20〜17:50
    NPOなどの民間団体向けの助成金について、助成者、申請者の立場から申請や事業成果のアピールのポイントを聞きます。
      報告者: 日本財団  
            渋谷 典子 NPO法人参画プラネット代表理事・
                    名古屋市男女平等推進センターつながれっとNAGOYAセンター長
            三井富美代 NPO法人女性の安全と健康のための支援教育センター事務局長
(12)自由交流                                  19:00〜21:00

第3日 6月11日(金)
(13)コース別ワークショップ                     9:00〜11:10
第3次男女共同参画基本計画策定の検討状況について知り、それに応える事業のあり方や推進体制のあり方についてディスカッションを行います。
<女性関連施設管理職コース>「第3次男女共同参画基本計画に応える事業のあり方」
      ファシリテーター:岡本 峰子 全国女性会館協議会理事・札幌市男女共同参画センター所長
<地方公共団体職員コース>「第3次男女共同参画基本計画を地域で実現する事業のあり方」
      ファシリテーター:吉村 幸子 広島県女性会議理事長
<女性団体リーダーコース>「第3次男女共同参画基本計画に応える事業のあり方」
      ファシリテーター:相川 康子 神戸大学准教授

(14)全体討議「第3次男女共同参画基本計画推進のための連携・協働のあり方」   11:25〜12:35
    ワークショップで話し合われた内容を元に、連携・協働のあり方について討議を行います。

(15) ふりかえり                               12:35〜12:40
 
(16) 閉 会        12:40

11.女性教育情報センター(本館2階)

開室時間は、6月 9日(水) 9:00 〜 19:00
        6月10日(木) 8:30 〜 19:00
        6月11日(金) 8:30 〜 17:00

12.女性アーカイブセンター展示室(本館1階)

開室時間は、6月 9日(水) 9:00 〜 19:00
        6月10日(木) 8:30 〜 19:00
        6月11日(金) 8:30 〜 17:00

13.情報交換コーナー(研修棟大会議室前ロビー)

研修期間中、施設に関するパンフレット等を自由に交換する情報交換コーナーを設置しますので、所属する施設のパンフレット、チラシ等をご持参ください。

14.事前学習

関連資料をあらかじめご案内しますので、ご一読ください。

15.研修成果の活用プラン

参加決定通知に「研修成果の活用プラン」を添付いたしますので、ご記入の上、E-mail:progdiv@nwec.jpにお送りいただくか6月9日(水)の研修初日に受付にご提出ください。

16.その他

6月9日(水)と11日(金)に、国立女性教育会館と東武東上線武蔵嵐山駅間で無料送迎バスを運行いたしますので、ご利用下さい。

▲ ページの先頭へ