Top女性アーカイブセンター › 女性アーカイブセンター企画展示「映画と歩む〜チャレンジした女性たちからチャレンジする女性たちへ〜」

女性アーカイブセンター企画展示「映画と歩む〜チャレンジした女性たちからチャレンジする女性たちへ〜」

〜終了いたしました。ご来場ありがとうございました〜
2014企画展示チラシ(画像をクリックすると案内チラシがご覧いただけます(PDFファイル))

さまざまな分野においてチャレンジした女性たちのあゆみをたどるシリーズ企画の7回目です。今回は、主に映画製作の分野で活躍した女性たちに焦点をあて、映画と女性に関する歴史的な流れを追うとともに、映画製作の主体として活躍することが少なかった状況でキャリアを重ねたパイオニアや、現在様々な形で映画に関係して活動している女性たちを取り上げ紹介することで、男女共同参画社会の形成を推進してゆくための手がかりを探ります。

  • 期間: 平成26年8月1日(金)〜12月21日(日)

       ※休館日:9月24日(水)、10月6日(月)、10月20日(月)、11月4日(火)、11月17日(月)、12月1日(月)、12月15日(月)

  • 時間: 9:00〜19:00
  • 会場: 独立行政法人国立女性教育会館本館1階 女性アーカイブセンター展示室
  • 入場料: 無料

*紹介する人物
【映画監督等、映画製作に関わる分野のパイオニアたち】(生年順・敬称略)
・アリス・ギイ(1873-1968):フランスの映画史上初の女性監督
・坂根 田鶴子(1904-1975):映画監督、映画製作者。1936年に『初姿』を監督し、日本初の女性映画監督となった。
・川喜多 かしこ(1908-1993):東和映画(株)副社長として、外国映画の輸入や日本映画の海外普及等に尽力。国際映画祭の審査員を務めるなど世界的に活動。
・田中 絹代(1909-1977):女優、映画監督。戦前から国民的映画スターとして活躍。1953年に『恋文』で監督デビューし、日本で二人目の女性映画監督となる。
・睫 悦子(1929-2013):岩波ホール総支配人。名画の発掘や映画製作総指揮など幅広く活動。東京国際女性映画祭・週間のジェネラル・プロデューサーをつとめた。

【現在活躍中の方たち】(五十音順・敬称略)
・関口 祐加(1957-):映画監督。オーストラリアで映画製作を教えながらドキュメンタリー作品を撮影。母の介護のため帰国後、『毎日がアルツハイマー』(2012年)で話題を呼ぶ。
・戸田 奈津子(1936-):映画字幕翻訳者。多数の洋画字幕を手がけ、現在も日本の映画字幕翻訳における第一人者として活躍中。
・羽田 澄子(1926-):映画監督、演出家。岩波映画製作所で記録映画の演出に携わる。1981年以降フリーの記録映画作家として活躍。
・松井 久子(1946-):映画監督。1998年に『ユキエ』で監督デビュー以来、逆境を乗り越えて生きる女性を描く作品を発表し続けている。

*主な展示品
 坂根田鶴子『北の同胞(アイヌ)』撮影日記<京都文化博物館所蔵>
 田中絹代監督作台本<東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵>
     写真(複製)、『月は上りぬ』直筆絵コンテ<芸游会所蔵>
 川喜多かしこ『制服の処女』台本、ポスター(複製)<川喜多記念映画文化財団所蔵>
 羽田澄子『薄墨の桜』ナレーション原稿、『村の婦人学級』写真<本人所蔵>
  ほか

H26archive-kikakutenji1.JPGH26archive-kikakutenji2.JPG

主催 独立行政法人国立女性教育会館

協力(展示資料提供等[五十音順・敬称略])
池川玲子、岩波ホール公益財団法人川喜多記念映画文化財団京都文化博物館、熊谷博子、一般社団法人小林正樹監督遺託業務世話人会・芸游会、株式会社シグロ株式会社自由工房関口祐加東京国立近代美術館フィルムセンター、戸田奈津子、公益財団法人日本女性学習財団パド・ウィメンズ・オフィス、羽田澄子、婦人之友社松井久子、 松本侑壬子

連動企画・監督トーク&上映会

すべて終了しました。内容等はこちらをご覧ください。

シャイン・ウィークス(Shine Weeks)(平成26年9月8〜19日)公式サイドイベントです。→終了しました。
Shine Weeks 

▲ ページの先頭へ