Top女性アーカイブセンター › 女性アーカイブセンター企画展示「建築と歩む〜チャレンジした女性たちからチャレンジする女性たちへ〜」開催

女性アーカイブセンター企画展示「建築と歩む〜チャレンジした女性たちからチャレンジする女性たちへ〜」開催

2012企画展示ポスター(画像をクリックすると案内チラシがご覧いただけます(PDFファイル))
さまざまな分野においてチャレンジした女性たちのあゆみから、日本の男女共同参画社会を考えるシリーズ企画の5回目です。
本展示では、日本における女性建築家の軌跡を、人物紹介パネルや建築模型など、さまざまな資料を通してご紹介します。女性建築家のパイオニアとして活躍した方々の業績から、今現在活躍する女性建築家まで、幅広く取り上げます。

  • 期間: 平成24年8月7日(火)〜12月9日(日)

     ※休館日:9月24日(月)、10月1日(月)、10月15日(月)、11月5日(月)、11月19日(月)、12月3日(月)

  • 時間: 9:00〜19:00
  • 場所: 国立女性教育会館本館1階 女性アーカイブセンター展示室
  • 入場料: 無料

* 紹介する人物(生年順)
【女性建築家のパイオニアたち】
 土浦信子(1900-1998) 戦前に米国で研鑽を積み、最初の日本女性建築家と位置づけられている。
 吉田文子(1913-2001) 早稲田大学附属早稲田工手学校建築科初の女子学生。
 浜口ミホ(1915-1988) 公団住宅のダイニングキッチン開発に関わり、間接的に女性の地位引き上げに貢献。 
 林雅子(1928-2001) 日本女子大学住居学専攻の初代卒業生。
 中原暢子(1929-2008) UIFA JAPON(国際女性建築家会議 日本支部)設立者・初代会長。
 飯島静江(1937-2010) 設備設計分野のパイオニア。

【現代に活躍する女性建築家たち】
 長谷川逸子(1941-) 日本で初めて公共建築を手がけた女性建築家。
 後藤眞理子(1948-) 住宅を代表とする小規模建築分野で活躍する建築設計者。
 阪東美智子(1966-) 障害者・高齢者等の居住環境、低所得層の住宅問題を専門とする研究者。

* 主な展示品
 中原暢子設計「毛呂山の家」(建築模型)  女性就業支援センター所蔵
 早稲田大学附属早稲田工手学校学則附入学案内  早稲田大学大学史資料センター所蔵

・ファクトシート(資料解説)、展示パネル、展示資料一覧は国立女性教育会館リポジトリ よりダウンロードできます。
・展示パネルは貸出を行っています。詳細は「展示パネルを貸出します」ページをご覧ください。

共催  UIFA JAPON パイオニア展企画委員会, (株)後藤眞理子デザイン事務所, 埼玉大学図書館, 女子栄養大学図書館, 女性就業支援センター, 東京大学生産技術研究所図書室, 長谷川逸子・建築計画工房(株) (五十音順)

協力  公益社団法人 空気調和・衛生工学会, 東京大学工学・情報理工学図書館, 早稲田大学大学史資料センター (五十音順)

後援  NHKさいたま放送局

▲ ページの先頭へ