Top女性アーカイブセンター › 女性アーカイブセンター企画展示「女性科学者の誕生〜チャレンジした女性たち〜」開催

女性アーカイブセンター企画展示「女性科学者の誕生〜チャレンジした女性たち〜」開催

男女共同参画社会実現のため、さまざまな分野においてチャレンジした女性たちのあゆみをたどるシリーズ企画の2年目。今年度は、大正〜昭和初期、高等教育機関に学び、さらに科学者・技術者の道に挑んだ5人のパイオニア女性に焦点をあて、キャリア形成のプロセスを探ります。また、同時代の高等教育や女性の社会参画の状況を分析し、今日なお困難とされる科学技術分野で女性が能力を活かし、男女共同参画社会の形成を推進してゆくには何が必要かを考えます。

【5人のパイオニア女性】
丹下ウメ(1873-1955): 女性初の帝大生、日米で博士号取得
保井コノ(1880-1971): 女性博士第一号
黒田チカ(1884-1968): 女性初の帝大生、理学博士
辻村みちよ(1888-1969): 女性初の農学博士
鈴木ひでる(1888-1944) :女性初の薬学博士

  • 期間:平成21年10月6日(火)〜12月13日(日)

  ※休館日:10/19(月)、11/4(水)、11/16(月)、12/7(月)

  • 時間:9:00〜17:00
  • 場所:国立女性教育会館本館1階 女性アーカイブセンター展示室
  • 入場料:無料
  • 主な展示品: 顕微鏡(丹下ウメ)、写真機(保井コノ)、玉葱の外皮に関する特許公報(黒田チカ)、緑茶の成分標本(辻村みちよ)、学位論文手稿(鈴木ひでる)

展示資料一覧リストはこちらからダウンロードできます(PDFファイル)

企画展示チラシはこちらからダウンロードできます(PDFファイル)

2009企画展示室6 2009企画展示室4 2009企画展示室1 2009企画展示室3

▲ ページの先頭へ