Top女性アーカイブセンター › 平成27年度女性情報アーキビスト養成研修(基礎コース)+(実技コース)実施報告

平成27年度女性情報アーキビスト養成研修(基礎コース)+(実技コース)実施報告

平成27年12月9日(水)〜11日(金)の3日間にわたり、「女性情報アーキビスト養成研修(基礎コース)+(実技コース)」を実施しました。9日〜10日の「基礎コース」には27名、10日〜11日の「実技コース」は19名の参加がありました。「基礎コース」ではアーカイブの基礎や活用事例、法律などに関する講義を行い、「実技コース」では展示空間演出のワークショップや紙資料の保存・修復の実習を行いました。

12月9日(水)

<基礎コース 第1日>

アーカイブの実践 1 : 市川房枝記念会女性と政治センター
山口美代子さん
市川房枝記念会女性と政治センター 山口美代子氏より、同センターにおけるアーカイブの実践事例やアーカイブの意義についてご講義いただきました。

アーカイブの実践 2 : 虎屋文庫

虎屋文庫 今村規子氏より、和菓子の老舗である虎屋の資料保存・整理方法や、展示・機関誌発行などの実践事例についてお話をいただきました。

アーカイブと著作権・肖像権・プライバシー

骨董通り法律事務所 弁護士 小林利明氏より、著作権の基礎的な知識を中心に、デジタルアーカイブでのデータ公開に関わる権利等について具体例を交えて解説していただきました。

女性アーカイブ概論
小川千代子さん
国際資料研究所代表・藤女子大学教授 小川千代子氏より、アーカイブの定義や資料整理の原則など、アーカイブスの基本的な考え方について豊富な資料を基にご講義をいただきました。
 
 
女性教育情報センター、女性アーカイブ展示室見学
センター見学展示室見学
NWEC情報課職員の案内により、女性教育情報センター、女性アーカイブ展示室の見学を行いました。 (希望者のみ)
 
情報交換会
基礎_情報交換会
参加者全員による自己紹介ののち、軽食をとりながら自由歓談にて交流をさらに深める情報交換が行われました。 (希望者のみ)
  

12月10日(木)

<基礎コース 第2日>

女性アーカイブの収集・選定・活用
青木さん
国立女性教育会館情報課客員研究員 青木玲子より、国立女性教育会館をはじめとする日本の女性アーカイブや、世界の女性アーカイブの事例を基に、女性アーカイブの収集・選定・活用についてご講義いたしました。
 

フィルム・写真の保存とデジタルアーカイブ
肥田さん
堀内カラー アーカイブサポートセンター所長 肥田康氏より、資料劣化の要因や保存包材・環境、管理方法についてのお話があり、フィルムや写真の保存やデジタルアーカイブ構築の基礎的な知識をご教示いただきました。
  

<実技コース 第1日>

アーカイブ展示の手法
ゆらさんゆらさん2
空間演出コンサルタント 尼川ゆら氏より、展示の事例紹介や、実際に展示室を使って利用者の視点を考えるワークショップ形式の講義をしていただきました。
 

12月11日(金)

<実技コース 第2日>

紙資料の修復関連実習
実技2実技
株式会社資料保存器材 伊藤美樹氏、安藤早紀氏より紙資料の保存・修復方法に関する講義の後、ドライ・クリーニングや綴じ直しなどの実習を行い、紙資料を修復する様々な技術をご教示、ご指導いただきました。
  

▲ ページの先頭へ