Top女性アーカイブセンター › 平成25年度女性情報アーキビスト養成研修(入門)+(実技コース)参加者募集

平成25年度女性情報アーキビスト養成研修(入門)+(実技コース)参加者募集

「実技コース」「入門」とも募集を終了しました。ご応募ありがとうございました。

 女性の歴史を今に生かし、未来につないでいくためには、女性に関わる原資料(女性アーカイブ)の適切な保存と活用が必要です。独立行政法人国立女性教育会館では、女性アーカイブの保存・提供に携わる実務者の方を対象に、平成21・22年度に「女性情報アーキビスト入門講座」、それを引き継いで平成23年度から「女性情報アーキビスト養成研修(入門)」を実施しています。平成24年度からは、(入門)において女性アーカイブの基礎的な保存技術や整理方法をご紹介するとともに、実習を通してより実践的に学んでいただく(実技コース)を新たに設けました。
 アーカイブの保存や整理について新しい情報をお求めの方、これから業務にとりくむ方、関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。

 開催要項はこちらからダウンロードできます(PDFファイル)
 チラシはこちらからダウンロードできます(PDFファイル)

1.期  日

平成25年12月4日(水)〜12月6日(金)
「入門」:12月4日(水)〜12月5日(木) 1泊2日  ※どちらか1日のみの参加も可能です
「実技コース」:12月5日(木)〜12月6日(金) 1泊2日

2.募集人員

女性関連施設職員、図書館の実務担当者、女性史関係者 など
(機関・団体の図書館/室・資料室等に所属している方を優先します)

「入門」:30名
「実技コース」:10名
※ただし、次のa),b)いずれかの条件を満たす方を対象とします。応募者多数の場合は、a)の方を優先します。
 a)平成25年度(入門)と同時受講が可能
 b)平成21/22年度「女性情報アーキビスト入門講座」または
  平成23/24年度「女性情報アーキビスト養成研修(入門)」を受講済

3.日程・内容

<12月4日(水)>

 入門 第1日
   受 付                             12:30〜13:00
(1)開 会                             13:00〜13:10
   挨 拶        国立女性教育会館理事長                  内海 房子
(2)オリエンテーション                      13:10〜13:15
(3)女性アーカイブ概論                     13:15〜14:15
   女性に関わる原資料および組織の役割とその可能性について学びます。
   講 師        立教大学共生社会研究センター学術調査員        平野 泉
(4)アーカイブと著作権                     14:25〜15:40
   著作権の基礎知識や、デジタルアーカイブ構築時に役立つポイントについて学びます。
   講 師        東京六本木法律特許事務所弁護士         早稲田 祐美子
(5)アーカイブの活用とネットワーク              15:50〜16:50
    様々な事例から、アーカイブの構築と連携に関して学びます。
   1)国立国会図書館東日本大震災アーカイブ「ひなぎく」の紹介
   2)NWEC情報事業および女性アーカイブセンター関連事例(NWEC災害復興支援女性
     アーカイブほか)の紹介
   講 師        1)国立国会図書館電子情報部               長崎 理絵
               2)国立女性教育会館情報課長               大澤 正男
(6)女性教育情報センター、女性アーカイブセンター見学(希望者のみ)
                                       17:00〜17:45

(7)情報交換会(希望者のみ)                  19:15〜20:15
   参加者相互の情報交換やネットワークづくりの場を提供します。      

<12月5日(木)>

 入門 第2日
(8)アーカイブの実践報告                    9:00〜10:00
   実践事例から、アーカイブ作成の必要性や制作のプロセスを学びます。
   1)デジタルアーカイブによる企業デザイン
   2)女性アーカイブの構築
   講 師        1)株式会社レ・サンク                     坂本 洋代
               2)呉YWCA総幹事                      平城 智恵子
(9)資料の保存・管理方法(紙資料編)            10:10〜11:10
   紙資料の保存について、基礎的な知識と具体的な方法を学びます。
   講 師       有限会社紙資料修復工房代表               花谷 敦子
(10)資料の保存・管理方法(フィルム・写真編)       11:20〜12:20
   フィルム・写真の保存について、基礎的な知識と具体的な方法を学びます。
   講 師       株式会社堀内カラー                       肥田 康
(11)閉 会                            12:20〜12:25

 実技コース 第1日
   受 付                             13:45〜14:00
(1)開 会                             14:00〜14:15
   オリエンテーション                         
(2)アーカイブ展示の手法                    14:15〜17:00
   資料展示のポイントや展示スペースデザインなどについて、ワークショップや事例紹介を
   通じて学びます。
   講 師        空間演出コンサルタント                    尼川 ゆら

<12月6日(金)>

 実技コース 第2日
(3)紙資料修復の実践(1)                     9:00〜12:00
   実技を通して紙資料の保存・修復方法の基礎を学びます。
   講 師        国立公文書館業務課修復係               阿久津 智広
  昼休み                              12:00〜13:00
(4)紙資料修復の実践(2)                    13:00〜15:00
   午前の実習の続きを行います。
   講 師        国立公文書館業務課修復係               阿久津 智広
(5)閉 会                              15:00〜15:05

4.主  催

独立行政法人 国立女性教育会館

5.会  場

国立女性教育会館
〒355−0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
(東武東上線武蔵嵐山駅下車徒歩12分)
詳しい交通のご案内はこちらから
http://www.nwec.jp/jp/about/access.html

6.所要経費  

(1)参加費  「入門」:無料、 「実技コース」:実習材料費等実費
(2)宿泊費  研修期間中は1泊 1,000円(前・後泊についても1泊1,000円です)
(3)食費  1食あたり 800円程度(カフェテリア方式)
(4)情報交換会費  500円
※研修期間中の宿泊及び食事は、すべて会館をご利用ください。

7.申込み手続

※募集は終了しました

(1)方 法

 次のいずれかにてお申込みください:

  1)下のリンクから申込書をダウンロードしてご記入のうえ、FAXまたは電子メールのファイル添付にて
    お送りください。
    電子メールでお申込みの場合は、件名を「女性情報アーキビスト養成研修申込」としてください。

    申込書(PDF版)
    申込書(Word版)

  2)チラシ裏面の申込書をFAXでお送りください。Eメールに申込書記載項目を本文に記述して
    お送りいただいても結構です。
    お申込みには、FAXまたはEメールにて、受付完了の旨返信を差し上げます。3日以上経っても
    返信がない場合、お申込みFAX/Eメール等が届いていない可能性がありますので、お問い合
    わせください。

(2)期 限

   平成25年11月15日(金)
   ※定員を超えた場合は期限前に締め切ることもあります。→締め切りました

8.お申込み・お問い合わせ先

〒355−0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
国立女性教育会館情報課
TEL:0493-62-6728
FAX:0493-62-6721
E-mail: infodiv@nwec.jp

▲ ページの先頭へ