Top会館概要 › 理事長挨拶

理事長挨拶

28年1月理事長挨拶写真(縦200)

 美しい花々が咲き誇る春の訪れとともに、平成28年度が始まりました。新しい気分で新年度をお迎えのことと存じます。

 今年度は、第4次男女共同参画基本計画の最初の年です。この男女共同参画基本計画は、1999年に男女共同参画社会基本法が成立・施行されたのち、2001年に内閣府に男女共同参画局が設置され、同時に第1次男女共同参画基本計画がスタートしました。5年ごとの改定を経て昨年度までに第3次が終了したところです。

 第4次基本計画の特徴は、最初の第1分野に取り上げられている「男性中心型労働慣行等の変革と女性の活躍」です。これまで多くの職場では、仕事と育児の両立のための制度を充実し、育児をしながら働き続けることが可能になってきました。働き続ける女性も増えてきましたが、しかし、活躍するところまでには至っていません。活躍したいと思う女性は、働き続けることもできない、というのが実情です。そこを、女性だけでなく、働くみんなの労働慣行を変革しようという方向に舵を切ったことは、女性活躍に向けた大きな転換点ではないかと期待をふくらませているところです。

 この第4次男女共同参画基本計画と同時に、「女性活躍推進法」(「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」)が施行されます。この法律で求められていることは、女性の活躍のために各職場における課題を抽出し、その課題の解決に向けた行動計画を策定することです。具体的には、各職場の‐況把握・課題分析、¬槁犬寮瀋蝓行動計画の策定、情報公表という手順で進められます。

 私は、最初の「‐況把握・課題分析」が極めて重要なことだと考えています。自分たちの組織の実態を様々な角度から調査し、問題があるのかないのか、あるとするとどこにあるのかを丁寧に探ります。それから職場の目指す目標を決め、その目標に到達するための計画を立てます。人材育成は一朝一夕にはいかず時間のかかるものです。しかし、あきらめずにまず始めなければ、何年経っても人は育ちません。人が育つ環境を整えるための工夫も重要ですが、構成メンバー一人一人がこの問題を自分のこととしてとらえ主体的に取り組むことが、女性の活躍できる職場への変革を一気に加速する重要なポイントではないでしょうか。

 今年度も、NWEC職員一同、男女共同参画社会形成のため努力を続ける所存です。引き続きご支援・ご指導を賜りますようお願い申し上げます。



 平成28年4月
 独立行政法人国立女性教育会館理事長
 内海房子



【平成27年度の理事長挨拶】
理事長挨拶(平成28年1月)
理事長挨拶(平成27年10月)
理事長挨拶(平成27年7月)
理事長挨拶(平成27年4月)

【平成26年度の理事長挨拶】
理事長挨拶(平成27年1月)
理事長挨拶(平成26年10月)
理事長挨拶(平成26年7月)
理事長挨拶(平成26年4月)

【平成25年度の理事長挨拶】
理事長挨拶(平成26年1月)
理事長挨拶(平成25年10月)
理事長挨拶(平成25年7月)
理事長挨拶(平成25年4月)

【平成24年度の理事長挨拶】
理事長挨拶(平成25年1月)
理事長挨拶(平成24年10月)
理事長挨拶(平成24年7月)
理事長挨拶(平成24年4月)

【平成23年度の理事長挨拶】
理事長挨拶(平成24年1月)

▲ ページの先頭へ